F1MODELING 定期購読・最新号・バックナンバー

F1MODELING 定期購読・最新号・バックナンバー

F1MODELINGの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

F1MODELING雑誌の詳細です。


F1MODELINGの公式サイトへ
本・雑誌 F1MODELING
本・雑誌内容 勝った負けただけがF1じゃない。技術指向のF1ファンや模型ファンに送る世界で唯一のF1ディティールガイド。ヒストリックF1から最新マシンまで、毎号400点以上の細部写真でF1の叡智に迫る!!
本・雑誌内容詳細 ■特別レポート
 SUZUKA CIRCUIT 50th Anniversary Day
「はしれ、未来へ。……生誕50周年を迎えた鈴鹿サーキット」

■特別レポート
 GOODWOOD FESTIVAL OF SPEED 2012
 [英国流、究極のヒルクライム]

■Imamiya’s Racing Eyes[今宮純がF1を紐解く]
・3連続ポールと3連勝が証明。最速マシン、マクラーレン
・フェラーリ、レッドブル、ロータスで競う現役王者。かく戦う
・スクーデリア・フェラーリも、鈴鹿の小林を注視する
・終盤戦バトル。“後期チャンピオンシップ”に何が見えるか?

■Under The Microscope!
 The Ultimate F1 Car Detail Guide 2012[Rd.7 Canadian GP-Rd.12 Belgian GP]
 Red Bull RB8 / McLaren MP4-27 / Ferrari F2012 / Mercedes AMG F1 W03
 Lotus E20 / Force India VJM05 / Sauber C31 / Toro Rosso STR7
 Williams FW34 / Caterham CT01 / HRT F112 / Marussia MR01

■Mid Season Forcus[パワーゲームは、なおももつれ合う。]

■Spot Point Observation[イタリアGP定点観測]
 Red Bull RB8 / McLaren MP4-27 / Ferrari F2012
 Mercedes AMG F1 W03 /  Lotus E20 / Sauber C31

■More Details[2012F1マシンのここが気になる!!]
 気になる人=杉浦由則(模型設計者)

 ※技術的な側面ではなく、模型設計者の目線から2012年F1マシンは
 どう見えるのか? 気になる部分をチェックしてもらった。

■GUIDA TECNICA 2012◎[Rd.7 Canada-Rd.11 Hungary]
 テクニカルイラストレーター、ジョルジョ・ピオラによるF1技術解説。
 レッドブル、マクラーレン、ロータスが大幅アップデートを果たした中盤戦をフォロー。

■Ride on Racing Simulator in Tokyo Virtual Circuit[Are you fast enough ?]
 大興奮実験!! 本物のレーシングシミュレーターに素人が乗ったらどうなる?

■ENERGY DRINK[プラモ雑学のススメ]
 ◎プラスチックパーツの中の丸い“ポッチ”の正体を知ってるかい?
 ゲートの役割を教えよう。

■Modeling Factory[1/20スケールモデル講座]Sauber C30

■Trends and Solutions McLaren MP4-27 by FUJIMI
 フジミ発1/20スケール「マクラーレンMP4-27 オーストラリアGP」
 ディテールにこだわるなら、ここをチェック!!

 ※模型づくりの資料となるよう、モデラー、上村アキヒロが
 MP4-27オーストラリアGP仕様のディテールを紹介した。

■Formula One Car Cutaway[BMW Sauber F1.08]
 F1マシンが真っ二つ!!
 [ザウバーのF1カットモデルから見えた最新F1デザイン事情]
プロダクトNo 1281680194
出版社 東邦出版
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。