月刊OLマニュアル 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊OLマニュアル 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊OLマニュアルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊OLマニュアル雑誌の詳細です。


月刊OLマニュアルの公式サイトへ
本・雑誌 月刊OLマニュアル
本・雑誌内容 人間関係からビジネスマナーまで、毎月幅広いテーマが満載。先輩キャリアウーマンの体験談を中心に、読者と同じ立場で問題解決策をアドバイスするので、読んですぐに実践できます!
本・雑誌内容詳細 【特別企画】
自分にも周囲にも積極的に使うことで奇跡が起こる!
「ほめ言葉」の力で人生を劇的に変える法

相手の短所は目についても長所にはなかなか目がいきません。そのため、油断しているとつい人の悪口や批判を口にすることになってしまいます。これでは人間関係もうまくいかなくて当然でしょう。ではどうするか? 大切なのは自分から積極的に相手の長所に目を向け、「ほめ言葉」を使うことです。「ほめ言葉」は愛の言葉でもあります。ほめられれば人は心を満たされ幸せな気分になります。当然、あなたと相手の人間関係もよくなります。今月の特別企画では、相手の心を動かす「ほめ言葉」について研究します。

【その他の記事】
◆巻頭インタビュー「ワーキングウーマンへのメッセージ」
各界で活躍する女性からのメッセージ。今月は、モデル、女優を経て、オリジナルブランドコスメをプロデュースする君島十和子さんにご登場いただきました。“奇跡のアラフィフ”として美を発信する、多くの女性の憧れの存在ですが、実業家として仕事に真摯に向き合いより輝きを増している君島さん。多くの失敗をくり返して学んだというご自身の経験に基づいた、より良く生きるためのメッセージをくださいました。

◆ビジネス必須のスキル「文章力」がメキメキ身につく30分講座
メール、資料作成、報告書、提案書などなど、仕事をしていると日常的に多くの文章を書いているものです。しかし、あなたの文章は上司や取引先、お客さんに正確に伝わっているでしょうか? 読み手に伝わらない文章は相手にストレスを与えるだけでなく、あなたの能力も問われてしまいます。ここではベテラン校閲記者が、「読み手に正確に伝わる文章の書き方」を分かりやすく解説します。「書くことにいまいち自信がない」という人はぜひ参考にして下さい。

◆「強運体質」になるための日頃の行動学
いつもツイてない、運に見放されている……もしあなたがそう思っているのなら、ひょっとしたら日頃の行動に問題があるのかもしれません。「強運」の持ち主は 決まって小さなことを大切しています。たとえば、周りの人の「ちょっとした変化」にすぐ気づいて、「あれ? 髪切ったの?」「新しいカバン? かわいいね! 」などと声をかけたり、笑顔を見せたりする人は、自然に運が向いてきます。日常生活の「小さなこと」が 強運をもたらしてくれるのです。「強運体質」になるための日頃の行動について考えます。

◆「気配り上手」になるための6つの習慣伝授します
困っているそぶりの後輩にこちらから声をかける、仕事が手一杯の様子の上司にアシストを申し出る……そんな気配りのできる人は、周りに信頼され、好感をもたれます。気配り上手は、良好な人間関係を築くための必須のスキルです。しかし、いざ気配り上手になろうと思っても、なにからどう始めればよいのか迷ってしまいます。「気配りって実際にはどんなことをすればいいのか分からない……」。そんなあなたのためにANAの元CAが、具体的なエピソードを交えながら「気配り」のコツをアドバイスします。

◆「紙に書き出す」習慣で自分をガラッと変える法
今の自分に満足していないが、何をどう変えていけばいいのかわからないという人はいませんか? では、もし1日の行動を紙に書き出すだけで人生が変わるとしたら……? 紙とペンを用意するだけで人生が変わるとしたらやらない手はありません。ここでは「今日の行動を紙に書き出す」ことで、3000人以上のビジネスマンの業績を向上させてきた専門家が、そのノウハウを伝授します。やりたいことが見つからずに焦っている人、忙しくて自分の足許を見る余裕がない人は、ぜひお試しあれ!
プロダクトNo 1281680181
出版社 研修出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。