月刊経理ウーマン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊経理ウーマン 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊経理ウーマンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊経理ウーマン雑誌の詳細です。


月刊経理ウーマンの公式サイトへ
本・雑誌 月刊経理ウーマン
本・雑誌内容 経理・税務から総 務・人事・OAまでの知識を、税理士、社労士、先輩経理ウーマン等が、初心者にも分かりやすく解説。もちろん男性の方もどうぞ。
本・雑誌内容詳細 月刊経理ウーマン

□2018/8/20発売号(現在発売中の号)


【特別企画】
適正借入額をどう考える? お付き合いで借入すべき?
「銀行借入」にまつわる素朴な疑問18Q18A

中小企業の資金繰りにおいてなくてはならないのが「銀行借入」です。よほどの優良会社でない限り、決算書に短期借入金・長期借入金の表記があるのではないでしょうか。こんなふうに身近な「銀行借入」ですが、意外と理解できていないことが少なからずあります。たとえば社長に「うちの会社の銀行借入の適正額っていくらだろう」と聞かれて、あなたはすぐに返答できるでしょうか。ということで今月の特集では「銀行借入」にまつわる素朴な疑問をQ&Aで解説しました。あなたの日頃の疑問が氷解すること間違いなしです!

【その他の記事】
◆「印紙税」の税務調査にまつわる実務知識6問6答
税務調査では、法人税・消費税・源泉所得税という3つの税金が同時に調査されるのが一般的です。しかし最近の調査では、同時に印紙税の調査が行なわれるケースが増えていると伝えられています。たとえば税務調査で印紙が貼られていない契約書が見つかると、印紙税法上は2倍の過怠金(印紙税額の3倍)を納付することになります。ここでは、普段あまりなじみのない印紙税の税務調査について、その流れや調査のポイントを解説します。

◆ホールディングカンパニーのことがスラスラ分かる30分講座
ホールディングカンパニー(HD)は、他の会社の株式を所有することにより、その会社の事業活動を支配することを目的とする会社のことです。HDは自社では事業活動をほとんど行なわず、会社の収益は子会社が上げています。と言うと実体のないペーパーカンパニーのようですが、HDを活用することでさまざまなメリツトが生じます。HDのしくみやメリットを分かりやすく解説します。

◆「繰延資産」のことがスッキリ理解できるセミナー
会社が支出する費用の中には、その効果が長間に渡るものがあります。こうした費用については、資産として計上して適切な期間で費用を配分することが好ましいと考えられます。
そこで会社法や税法で特定された一部の費用については、繰延資産として計上し、費用の期間配分を行なうことになります。繰延資産の種類や処理方法をおさらいします。

◆「倒産防止共済」「小規模企業共済」を活用して節税を図る法
「倒産防止共済」「小規模企業共済」の存在は皆さんもご存知でしょう。倒産防止共済は法人で加入する共済、小規模共済は経営者個人が加入する共済ですが、いずれも公的な制度で全額損金、所得控除が認められています。うまく活用すれば節税につながりますが、一方で、納付期間が一定以下だと元本割れのリスクもあるため(小規模企業共済)、加入に際しては注意が必要です。「倒産防止共済」「小規模企業共済」の活用法についてアドバイスします。

◆「美ジョガー」を目指すあなたに使ってほしい便利グッズ
夏の暑さも徐々にやわらいできて、もうすぐ過ごしやすい季節がやってきます。そんな爽やかな季節にオススメなのがジョギングです。わざわざジムに通わなくても、近所の公園や川沿いの小道を走るだけで、ストレスも発散できてダイエットにもなります。ここでは、腕に巻く水筒からベルト型ウエストバッグまで、走るのが楽しくなる便利グッズをまとめてご紹介しました! あなたもこの機会に「美ジョガー」デビューしませんか?

◆有名人が語る「わたしの金銭哲学」(飯尾和樹さん)
毎回、各界の著名人の方に「金銭哲学」を語ってもらう連載企画。今月号は、タレントの飯尾和樹さんにご登場いただきました。
プロダクトNo 1281680180
出版社 研修出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。