コミック乱 ツインズ 定期購読・最新号・バックナンバー

コミック乱 ツインズの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

コミック乱 ツインズ雑誌の詳細です。


コミック乱 ツインズの公式サイトへ
本・雑誌 コミック乱 ツインズ
本・雑誌内容 時代劇コミック誌のパイオニアとして、時代劇ファンのみならず幅広い読者層に支持されている「コミック乱」増刊号より『コミック乱 ツインズ』が独立創刊になります。実力派作家や気鋭作家が意欲的な作品を執筆する本格時代劇コミック誌です。
本・雑誌内容詳細 『鬼役』『そば屋 幻庵』『仕掛人 藤枝梅安』『はんなり半次郎』掲載のNo.1本格時代劇画誌!!

今月の「コミック乱ツインズ2月号」は、
人気急上昇中の本格時代劇『用心棒稼業』の表紙が目印!
そしてお待ちかね! 『そば屋 幻庵』が巻頭カラーで登場!
さらにご愛読感謝・特製QUOカードを抽選で100名様にプレゼント!!

他にも、
シリーズ累計67万部突破の超一級時代劇『鬼役』、
仕掛人の暗躍を描く池波時代劇の傑作を完全漫画化『仕掛人 藤枝梅安』、
待望の単行本1巻が3月に発売決定! 『宗桂 ~飛翔の譜~』、
叶精作によるお色気満載の骨董秘話『はんなり半次郎』、
単行本1巻が重版出来の話題作『カムヤライド』、
ラズウェル細木の新境地『文明開化めし』、
戦国4コマの名手・重野なおきによる『政宗さまと景綱くん』など
読み応え抜群!!

☆巻頭カラー! シリーズ累計100万部突破!!
『そば屋 幻庵』(漫画:かどたひろし/原作:梶研吾)
「幻庵」に対抗心を燃やす蕎麦屋「暮松屋」の
主人・暮松屋六右衛門は「幻庵」に刺客を仕向ける。
これが「幻庵」の蕎麦の味を揺るがす事態に…!?

『宗桂 ~飛翔の譜~』(漫画:星野泰視/監修:渡辺明)
将軍家将棋指南役を務める大橋家の九代目・宗桂は
初代・宗桂が遺したという棋譜を取り戻すため、
オランダ商館長・イサークとの将棋対決に挑む!

『文明開化めし』(ラズウェル細木)
「文明新聞社」の記者・三吉が牛鍋の取材中、
商売敵「大倭国新聞」の記者が現れた。
外国の食文化を批判する彼らと三吉が真っ向から対立!?

☆シリーズ累計67万部突破!!
『鬼役』(漫画:橋本孤蔵/原作:坂岡真)
茶屋の少年・佐太郎は、将軍・徳川家慶に
見事な気配りを見せ、小姓見習いとして引き上げられる。
佐太郎の将来を期待する蔵人介だが、城内には不穏な動きが…。

☆大人気隔月連載!
『はんなり半次郎』(漫画:叶精作/原作:篁千夏)
屏風の修復などを請け負う「玉虎屋」の若女将・茜から
婿・金造に寝室で避けられていることを相談された半次郎は
金造からその理由を聞き出すため、ひと肌脱ぐことに。

☆単行本累計13万部突破!!
『仕掛人 藤枝梅安』(漫画:武村勇治/原作:池波正太郎)
仕掛けの現場を「橘屋」の座敷女中・おときに
目撃され絶体絶命の梅安。だがおときは仕掛けのことを
役人に黙り通したうえ、梅安に感謝すらしていると明かす。

『政宗さまと景綱くん』(重野なおき)
奥羽の覇権をかけた「摺上原の戦い」始まりの朝…
強い向かい風が吹き、伊達軍を窮地に追い込む!!

『カムヤライド』(久正人)
目の前で部下たちを虐殺された熊襲での叛乱。
その叛乱の引き金を引いた男・ウズメを
ヤマトタケルの弟彦公が射程に捉えた…!!

『小平太の刃』(山口正人)
賞金稼ぎに襲撃され崖から落下してしまった小平太。
そこで心優しい父娘に救われるが、外道たちの毒手は
崖下まで伸びてきた…!!

『大奥でございます。』(こだま学)
女の園・大奥を舞台にしたギャグ4コマ!
積もった雪で将軍・光豆と女中たちが様々な遊びに興じる!

☆単行本2巻が2月13日に発売!!
『用心棒稼業』(やまさき拓味)
仇討成就を報告するために二十余年ぶりに故郷へ戻った坐望。
しかし家族から冷遇を受けすぐに家を発つも、
妹の夫・信吉が問題を抱えていると知り…。

☆コラム「実録 江戸の真剣勝負」(加来耕三)
歴史家・作家の加来耕三氏が、
江戸時代の決闘・仇討ちなどの真剣勝負を紹介する大好評連載企画!!
第26回は、「上泉義胤VS高田三之丞」。
プロダクトNo 1281680044
出版社 リイド社
発売日 毎月13日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。