ナショナル ジオグラフィック日本版 定期購読・最新号・バックナンバー

ナショナル ジオグラフィック日本版の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ナショナル ジオグラフィック日本版雑誌の詳細です。


ナショナル ジオグラフィック日本版の公式サイトへ
本・雑誌 ナショナル ジオグラフィック日本版
本・雑誌内容 世界最大規模の会員制・非営利団体ナショナル ジオグラフィック協会は、1888年の創設以来、世界中で約8,000件以上の探検や調査プロジェクトを支援し、古代遺跡の発見や大自然の脅威と神秘、未知の世界に挑んだ冒険や探検など、数々の歴史的なプロジェクトを誌面で紹介してきました。会員誌として1世紀以上、米国の家庭で読み継がれ、地球が丸いことを証明した写真、海中撮影や空中撮影の写真を最初に掲載した雑誌として高く評価され、今では世界180カ国、850万人以上の読者を擁する世界最大級のクオリティマガジンと位置付けられています。「ナショナル ジオグラフィック日本版」は、1995年に世界初の外国語版として創刊しました。地球とそこに生きるすべての生き物の営みを、世界の一流写真家が撮りおろす美しく迫力に富んだオリジナル写真と、正確で臨場感あふれる記事で紹介しています。日本版は英語版の面白さと美しさを正確にわかりやすく日本語化すると同時に、日本の読者向けに独自の解説やコラムを加え、オールカラーで英語版と同月発行でお届けしています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
●森を奪われるアマゾンの孤立部族:
南米ブラジルとペルーのアマゾン川流域で鉱山の開発や森林の違法伐採が進み、これまで現代文明と接してこなかった残り少ない「孤立部族」が密林を追われている。人類が受け継いできた太古の生活様式が、地球上から消えてしまうかもしれない。

●魅惑のクラゲ:
不気味で、ぐにゃぐにゃで、脳がないけど、私たちを魅了するクラゲ。謎めいた生き物の素顔に迫る。

●テントを去る遊牧民:
イラン西部で何世代にもわたって遊牧生活をしてきた人々が、テントを捨てて定住しようとしている。

シリーズ 鳥たちの地球
●ハヤブサを守る:
昔から人間の狩りの相棒だったハヤブサ。絶滅が危惧されるなか、ドバイに彼らを救うヒントを見つけた。

●強制収容された日系人:
第2次世界大戦中、米国西海岸に暮らす日系人が強制収容所に送られた。自由の国の消せない過ち。


【コラム】
●PROOF 世界を見る
 「新しい光をまとった花」:人の目には見えない紫外線を当てると、ありふれた花が、いつもと違った色と輝きを見せてくれる。
●EMBARK 未知への一歩
 「“ラテン系”の新種」:腰から下を動かすように踊る奇妙な極楽鳥を、鳥類学者と写真家が発見。
 「チョコレートを守る」
 「大気汚染が深刻な国」:世界で毎年700万人もの人々が、大気汚染が原因で死亡している。
 「白亜紀の吸血ダニ発見」
●EXPLORE 探求するココロ
 「サイを救え!」:絶滅寸前のスマトラサイ。個体群の孤立を解消し、繁殖を促すことが急務だ。
 「剥製を作る道具たち」:剥製師の冷静かつ細やかな仕事を支える道具がある。
 「幻のようなクジラを追う」:絶滅が危惧される海洋生物への理解を深めてもらいたいと、写真家ブライアン・スケリーは海に潜り続ける。
●日本だけの翼:「アカヒゲ」
●読者の声
●もっと、ナショジオ
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年 「正直者が支えた、道端の無人販売所」


●今月の表紙:ブラジル東部にあるアワ族の集落「ポスト・アワ」で暮らす5歳のカイアウ。幼いヒゲサキを頭に乗せて連れ歩く。
プロダクトNo 1281679756
出版社 日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。