ナショナル ジオグラフィック日本版 定期購読・最新号・バックナンバー

ナショナル ジオグラフィック日本版の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ナショナル ジオグラフィック日本版雑誌の詳細です。


ナショナル ジオグラフィック日本版の公式サイトへ
本・雑誌 ナショナル ジオグラフィック日本版
本・雑誌内容 世界最大規模の会員制・非営利団体ナショナル ジオグラフィック協会は、1888年の創設以来、世界中で約8,000件以上の探検や調査プロジェクトを支援し、古代遺跡の発見や大自然の脅威と神秘、未知の世界に挑んだ冒険や探検など、数々の歴史的なプロジェクトを誌面で紹介してきました。会員誌として1世紀以上、米国の家庭で読み継がれ、地球が丸いことを証明した写真、海中撮影や空中撮影の写真を最初に掲載した雑誌として高く評価され、今では世界180カ国、850万人以上の読者を擁する世界最大級のクオリティマガジンと位置付けられています。「ナショナル ジオグラフィック日本版」は、1995年に世界初の外国語版として創刊しました。地球とそこに生きるすべての生き物の営みを、世界の一流写真家が撮りおろす美しく迫力に富んだオリジナル写真と、正確で臨場感あふれる記事で紹介しています。日本版は英語版の面白さと美しさを正確にわかりやすく日本語化すると同時に、日本の読者向けに独自の解説やコラムを加え、オールカラーで英語版と同月発行でお届けしています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
●ウユニ塩原 加速するリチウム開発:
電気自動車の普及で世界的にリチウム電池の需要が増すなか、独自の資源開発で貧困からの脱出を目指すボリビア。だが、その恩恵がどこまで行き渡るのか、リチウム生産のために開発されるウユニ塩原の環境に影響があるかどうかは、依然として不透明のままだ。

●少し大人のシリコンバレー:
若者の自由な発想が新技術をもたらしてきた米国のシリコンバレー。新たな合言葉は「責任」と「共感」だ。

●生けにえの子どもたち:
南米ペルーの遺跡から発掘された269人の少年少女の遺体。500年以上前に神々へささげられたものだ。

●カンガルーは害獣?:
オーストラリアでは、カンガルーの駆除を望む人々と保護を訴える人々の間で議論が巻き起こっている。

●仮装と仮面の祝祭:
南北米大陸の祝祭に登場するさまざまな仮面や仮装。虐げられた奴隷や先住民が生んだ反逆の文化だ。


【コラム】
●PROOF 世界を見る
 「雲を操る魔術師」:オランダ人アーティストのバーンドノート・スミルデは、霧吹きと煙霧機を使って自由自在に雲をつくり出す。思いも寄らない空間に出現した雲は不思議な美しさを漂わせている。
●EXPLORE 探求するココロ
 「森の三重苦」
 「クワガタの交尾事情」
 「大統領の養蜂家」
 「グンカンドリの求愛」
●THROUGH THE LENS レンズの先に
 「海から取り戻した写真」:ホッキョクグマに自動撮影カメラを海へたたき落とされた写真家のアウドゥン・リカルドセン。翌年、救出に向かったが......。
●読者の声
●写真賞2018 結果発表
●もっと、ナショジオ
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年 「凍える冬に「あったか~い」飲み物を」


●今月の表紙:南米ボリビアのウユニ塩原に出現した多くの升目。地下からくみ上げた塩水を蒸発させるための池だ。需要が高まるリチウムを採取しようと造られた。
プロダクトNo 1281679756
出版社 日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。