日経トップリーダー 定期購読・最新号・バックナンバー

日経トップリーダー 定期購読・最新号・バックナンバー

日経トップリーダーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経トップリーダー雑誌の詳細です。


日経トップリーダーの公式サイトへ
本・雑誌 日経トップリーダー
本・雑誌内容 「日経トップリーダー」は、中堅・中小企業の経営者、創業を目指す起業家、経営革新を担うビジネスマンなど“ベンチャーマインド溢れる”方々に、仕事に直接役立つ情報をお届けする月刊誌です。リスクを恐れず挑戦し続ける事業家のニーズに、ぴたりと焦点が合った雑誌たらんと頑張っております。ぜひご一読ください。※2009年に雑誌名が『日経ベンチャー』から『日経トップリーダー』に変わりました。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年8月号 no.407 8月1日発行


■特集1 三代目イノベーション

●三代目イノベーション 崎陽軒社長が語る三代目論(010p)
● 「二代目うつ」 というリスク(015p)
●なぜ三代目が会社を潰すのか 長寿企業か衰退かの分岐点(016p)
●三代目、革新の原動力を探る 「家」 ではなく 「会社」 を守る(020p)
●祖業の深掘りで100年企業に徳本達郎 ● ジャクエツ社長(幼児向け教材 ・ 遊具の開発) (022p)
●三代目イノベーターを生む環境とは 自立促す二代目の振る舞い(024p)
●ファミリー企業、三代目の本音 起業家精神を継ぎ、脱 ・ ワンマン経営で(028p)


■特集2 社員の移動時間を減らそう

●社員の移動時間を減らそう 顧客が喜ぶ 「行かない」 経営とは(033p)
●時間の無駄を減らし、売り上げ増加(034p)
●行かなくてもお客は減らない(040p)


■巻頭言

●当事者意識、危機意識、そして仲間意識(003p)


■リーダーシップの誤解 岸見一郎

●貢献についての思い違い(007p)


■日本一の二軍監督 白井一幸の育つ言葉

●ミスをした社員にどんな声をかければ、再びやる気を出してくれるのでしょうか。NGワードも教えてください。(042p)


■動画連動 社長のためのSNS本質講座

● 「売り上げ115倍」 の威力体感! コスト0円のファンづくりが効く(044p)


■調査マンは見た!

●取引の明暗を分ける評点を巡る葛藤(051p)


■ 「自治体ビジネス」 のトリセツ

● 「どうせ大企業とデキている」 は思い込み(052p)


■破綻の真相

●創業184年の老舗の歴史に幕 「第3の看板商品」 を生み出せず花園万頭 和菓子の製造 ・ 販売(054p)


■心が折れない経営者のつくり方

●自殺未遂と自宅への借金取り立て 「ここがどん底」 と決める(058p)


■大事凡事

●あなたの会社の経営が激変する 働き方改革法が経営者に迫るもの(060p)


■高収益体質エクササイズ

●粗利率が1%上昇すると利益は何%増える? (062p)


■読者がたより

●毎月届くのが待ち遠しい(063p)


■編集部から

●(064p)


■リポート

● 「6人の証言録」 でつづる 危機脱出法 リーマンショックから10年(078p)
●危機はいつ終わるか誰にも分からない 霧の中、あなたはどんな手を打つか? (080p)


■星野佳路のファミリービジネス研究会

●大塚家具 ・ 大塚久美子社長と考える 「成熟市場の戦い方」 星野佳路が大塚家具に助言? 「顧客に伝わる言葉」 とは(086p)


■ジャパネット 高田旭人の二代目論

●距離を縮める 「なんでも質問会」 (090p)


■小山昇の整理整頓実況中継

●社長の仕事、何でもやり過ぎていませんか? (092p)


■BOOKS 社長のための新刊本

● 『カルピスをつくった男三島海雲』 疾風怒濤の創業者人生(095p)


■日経トップリーダーからのお知らせ

●動画サイト 日経トップリーダーTV 最新情報 プラチナ会員限定サービス(096p)


■安田佳生の境目コラム

●不必要こそ、ビジネスの本質(098p)
プロダクトNo 1281679709
出版社 日経BP社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。