光アライアンス 定期購読・最新号・バックナンバー

光アライアンスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

光アライアンス雑誌の詳細です。


光アライアンスの公式サイトへ
本・雑誌 光アライアンス
本・雑誌内容 光技術を4つの基本アプリケーション(計測、加工・化工、伝送、情報処理)からとらえた実用的ガイドブックです。光部品、光機器・装置は、今後新規製品が増えると予想されており、このような製品動向を的確に迅速に伝えます。 これから光分野を学ばれる方、現場サイド、技術者、経営に携わる方々に見逃せない技術誌です。
本・雑誌内容詳細 ■特集:ホログラフィ応用の最新動向2
○セキュリティにおけるホログラムの有用性/(国研)産業技術総合研究所 福田 隆史
経済のグローバリゼーションに呼応して、模倣品や模造品の蔓延が社会問題化している。本稿では、その対策を主眼とした物理的セキュリティ技術について簡単に整理し、中でも主要な位置を占めるホログラムについて特徴や応用例を紹介する。

○ホログラフィック顕微鏡と高速高精度光計測/兵庫県立大学/佐藤 邦弘
本稿では、ホログラフィック顕微鏡とそれを発展させた断層顕微鏡、超高分解能顕微鏡および長作動距離顕微鏡を紹介する。また、高速高精度光計測としてホログラフィックエリプソメトリとナノレベル平面度・形状・粗さ計測を紹介する。

○クロスシフト多重記録法を用いた高密度ホログラフィックデータストレージの開発/東京理科大学/山本 学
コールドストレージに適した低コストメモリとして、ホログラフィックデータストレージの開発が行われている。本稿では、比較的小型のプロトタイプ機を試作し高密度化に目途をつけた結果を紹介する。

○ヘッドアップ・ディスプレイへのホログラム技術の応用/㈱IBLC/桜井 宏巳
この数年、ヘッドアップ・ディスプレイ(HUD)に関する研究や製品開発が非常に活発で、その中にはホログラム技術を応用したHUDシステムの開発も数多くある。本稿では、ホログラム基本技術の紹介とHUDシステムへの応用について紹介する。

○次世代ホログラフィを実現する“全ての波長”/TOPTICA Photonics AG/ウルリッヒエイスマン・ティムパシュコルバーグ・ハラルドロスマイアー/(訳)トプティカフォトニクス㈱/斉藤 太郎
半導体レーザに関する技術は日々目覚ましい進歩を遂げている。技術仕様と性能が継続的に進化するにつれてこれら半導体レーザはホログラフィ用途で使用されてきた従来型のレーザ光源に取って代わりつつある。本稿では、ホログラフィ技術に焦点をあてつつ最新世代の直接発振半導体レーザおよび周波数変換半導体レーザの今日の可能性の概要について紹介する。

■製品特集:高効率・高出力!進化するレーザークリーニング①
○レーザークリーニングとその応用/広島工業大学/日野 実/㈱STU 橋本 嘉昭/岡山県工業技術センター/水戸岡 豊
レーザクリーニングが環境に優しい新たな洗浄技術として注目されており、本稿では、その原理と特徴、使用されるレーザ、適用例について言及するとともに、マグネシウムスクラップ品への応用事例を紹介する。

○空間光変調技術を用いたレーザー加工プロセス内デブリ除去法/宇都宮大学/早崎 芳夫
本研究では、レーザー加工時に発生するデブリの低減法を開発した。その方法は、追加の装置・操作、特殊な物質や雰囲気を必要とせず、ホログラフィック加工を実行するための光学部品の追加のみで実行される。

○最新レーザークリーニングの技術動向とその適用事例/クリーンレーザージャパン㈱/本村 孔作

○2波長発振・フェムト秒ファイバーレーザー/Spark Lasers S.A.S./Pascal Dupriez・Guillaume Bouquet
当社は世界に先駆け、920 nmと1 μmの2波長同時発振の堅牢・小型のファイバーレーザーを世に生み出した。「アルコア」と名付けたこのレーザーは高品質・高ピークパワー・フェムト秒パルスを繰り出し、各波長に対し個別にGDDプリチャープを掛けることができ、各波長のパルス・トレインをシンクロさせたりディレイさせたり等のユニークなパルス制御機構を持ち合わせている。「アルコア」は多光子顕微鏡および神経科学分野のリサーチにおいて、使い易く理想的な光源である。

■解説
○イメージング質量分析の前処理時間を大幅に短縮 マトリックスフリーイオン化支援基板/DIUTHAME/浜松ホトニクス㈱/大村 孝幸・小谷 政弘・瀧本 未羽・田代 晃
飛行時間型質量分析におけるイオン化支援材料として、マトリックスフリーイオン化支援基板DIUTHAMEを提案する。イメージング質量分析において、簡単な作業で前処理が完了し、再現性の良い高空間分解能画像の取得が可能となる。

○ライトフィールドの取得と像の生成/京都産業大学/蚊野 浩
ライトフィールドの取得について、カメラアレイを使う方法とマイクロレンズアレイを使う方法を解説する。ライトフィールドから写真画像を生成する方法は、多視点画像処理による方法と光線追跡による方法を解説する。
プロダクトNo 1281679690
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。