文藝春秋 定期購読・最新号・バックナンバー

文藝春秋の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

文藝春秋雑誌の詳細です。


文藝春秋の公式サイトへ
本・雑誌 文藝春秋
本・雑誌内容 大正12年の創刊以来、「文藝春秋」の時流におもねらない柔軟な編集方針は、地域、年代、活躍する分野を超えて多くの人々に支持されています。掲載された記事が世の中に大きなインパクトを与えた例は数多くあり、その社会的影響力を強固なものにしてきました。また、各界の著名人が登場するグラビア「小さな大物」「同級生交歓」などコラムや連載小説にも定評があります。硬派なジャーナリズムから、その時々の文化、芸能、スポーツの話題まで、圧倒的な情報量を発信するナンバーワン総合月刊誌です。
本・雑誌内容詳細 平気で居直り、ウソをつく人たち

昭和の軍人に見る「日本型悪人」の研究  保阪正康
●東條英機→女子レスリング栄前強化本部長
●嶋田繁太郎→国税庁佐川前長官
●インパール作戦 牟田口廉也→日大アメフト内田前監督 など「悪の五類型」とは

安倍晋三首相へ<全国14紙論説トップ>直言する

「平成自民が失った「賢人たちの世」 御厨 貴/後藤謙次

翁長雄志 本土に伝えたかった沖縄の誇り 稲嶺惠一

米中貿易戦争 習近平は完敗した 富坂 聰

日本経済の主役が代わる

◎女優と自家用ジェット。資産五千億円経営者インタビュー
前澤友作<ZOZO>の「金脈」と「人脈」 森功

◎いま変わらなければ銀行は“絶滅”する
三菱UFJ頭取「さらば年功序列」宣言 三毛兼承

大塚家具「父と娘」の一五〇〇日戦争 磯山友幸

金正恩<建国七十年>統一王朝計画を許すな 牧野愛博

<極秘ファイル入手>妹・金与正が政略結婚した大物 朴 承珉

◎韓国“発禁本”『帝国の慰安婦』著者インタビュー
文在寅「慰安婦記念日」私はこう考える 朴 裕河

特別企画 サザンと日本人の幸福な40年

◎私はなぜポップスを歌い続けるか
桑田佳祐<独占告白>
「森繁久彌さんのように唄いたい」

◎メンバーとしてパートナーとして
原 由子×角田光代
「絶対泣かないって決めていました」

[特別寄稿]私とサザンオールスターズ
内田 樹/大﨑 洋/加山雄三/齋藤 孝/島本理生/俵 万智/万城目学

◎秋田の公立校が甲子園で奇跡を起こすまで
吉田輝星を生んだ金足農「34年の絆」 中村 計

安室奈美恵<四十歳の引退>愛される理由 中村竜太郎

「半分、青い。」は私の人生そのものです 北川悦吏子

ベテラン医療ジャーナリスト 自分がかかりたい名医
「人間力」がある専門医91人 長田昭二×鳥集 徹
■肺がん・岡田守人(広島大) ■胃がん・後藤田卓志(日大) ■大腸がん・上野雅資(がん研有明) ■乳房再建・矢永博子 ■整形外科・桑沢綾乃(埼玉協同病院)ほか

[現場ルポ]延命治療「七つの罪」を越えて 森 省歩

[好評企画第2弾]
一〇〇%老け込む食品<全品目リスト付> 牧田善二

もう一人の杉原千畝
ユダヤ難民救出「80年目の迫真証言」 樋口隆一

[この人の月間日記]
アイドル、伝統工芸、政治を科学する 落合陽一

[50年後のずばり東京25]
タワマンと神事に則る祭りの町・佃 中原一歩

[地方は消滅しない26]
岡山県総社市下原 葉上太郎

戦災孤児と上野  日本再生89 立花 隆

誰でも代わりはできる 西川美和

高校球児の“顔” 酒井順子

来年以降も猛暑は続くのか? 鬼頭昭雄

最古級の日本地図と二つのリュウキュウ 久下 実

本が刺激する音楽 佐橋佳幸

ニューヨークの「平凡」な日常 近藤聡乃

文化に根ざす琉球空手 今野 敏

五十年昔の三十代が考えていたこと 日本人へ184 塩野七生

ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優

BOOK倶楽部

▼中島岳志、平松洋子、出口治明、原田マハ ▼今月買った本 手嶋龍一 ▼著者は語る ▼新書時評

▼赤坂太郎 ▼丸の内コンフィデンシャル ▼霞が関コンフィデンシャル ▼世界経済の革命児・大西康之 ▼日本語探偵・飯間浩明 ▼数字の科学・佐藤健太郎 ▼旬選ジャーナル(広野真嗣・石戸 諭) ▼オヤジとおふくろ ▼スターは楽し・芝山幹郎 ▼考えるパズル ▼三人の卓子 ▼詰将棋・詰碁 ▼マガジンラック ▼広告情報館 ▼蓋棺録 ▼目・耳・口

新世界地政学86・船橋洋一

人声天語184・坪内祐三

ふれる 日本の美を訪ねて6・朝吹真理子

将軍の世紀10・山内昌之

孔丘10・宮城谷昌光

大名倒産31・浅田次郎

百花13・川村元気

グラビア

▼日本の顔(桑田佳祐) ▼同級生交歓 ▼中野京子の名画が語る西洋史74(夢想の南国) ▼40周年のサザンオールスターズ ▼もう一人の家族140 魔裟斗 ▼乗り鉄うまい旅14(銚子電鉄×海鮮丼) ▼小さな大物(奥本大三郎)

短歌・小島ゆかり、俳句・対馬康子、詩・マーサ・ナカムラ

プロダクトNo 1281679597
出版社 文藝春秋
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。