月刊星ナビ 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊星ナビの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊星ナビ雑誌の詳細です。


月刊星ナビの公式サイトへ
本・雑誌 月刊星ナビ
本・雑誌内容 『星ナビ』は、星が好きな皆さんに、気持ちよく宇宙を楽しんでもらうための「星空のナビゲーションマガジン」です。初心者からマニアまでの多様化するニーズやライフスタイルに対応し、「星を楽しみ、星と遊ぶ」ためのノウハウやツールを紹介することで、21 世紀の星空観望の新しいスタイルを提案します。
本・雑誌内容詳細 いよいよ迫る火星大接近。神話や歴史から、模様の観察ポイント、望遠鏡や撮影機材の選び方まで、さまざまな角度から火星の魅力を大特集! 2大付録(※)も活用して、いざ火星の夏へ。

★表紙画像
ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した火星面のようすです。正面上部(北半球)の黒い領域はアキダリアの海で、白く輝く北極冠も見えています。2018年夏の大接近では、南極冠が見やすくなります。

★綴じ込み2大付録 「火星模様早見」工作セット/やみくも天文同好会の火星観望会(※)
何日何時ごろにどの火星の模様が見やすいかがすぐにわかる「火星早見」と、やみくも天文同好会のメンバーが火星観察の基本をマンガでわかりやすく案内する小冊子の、豪華2大付録です。

★見る・撮る・楽しむ「火星大接近」(解説/早水 勉、山口千宗、谷川正夫)
どうして火星が大接近するの?といったところから、初めての観望・撮影にぴったりの望遠鏡選び、そしてスマホやコンデジを使った楽々撮影方法まで、火星大接近を最初から最後までしっかり楽しむための基本情報を完全網羅。

★CMOSカメラで惑星を撮る「3.惑星の動画撮影」(解説・作例/根本泰人)
火星をはじめとした惑星撮影の準備を紹介してきましたが、いよいよ撮影編に入ります。筆者愛用の動画撮影ソフト「FireCapture2.6」を使った、具体的な撮影手順の紹介です。

★エーゲ海の風-星座神話の向こうに広がる古代ギリシアの天文学 第4回(水先案内人/早水 勉)
ギリシア神話において火星と同一視された軍神アレスが今回の主役です。ゼウスの息子であり美貌にも恵まれながら、その残忍さで人々からは嫌われていた「残念なイケメン」アレスのエピソードを紹介します。

★7月28日未明の皆既月食「オレンジの火星と赤銅色の月を撮る」(解説・作例/中西昭雄)
1月31日に続く、本年2回目の皆既月食が7月28日に起こります。全国的に月没帯食となるために、観測条件としては良くないのですが、地平線付近に月があり、空が薄明で明るい時というのは、天体写真ファン的には絶好のシャッターチャンスなのです。

※…電子版の付録は、小冊子「やみくも天文同好会の火星観望会」のみとなります。
プロダクトNo 1281679594
出版社 アストロアーツ
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。