法学セミナー 定期購読・最新号・バックナンバー

法学セミナーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

法学セミナー雑誌の詳細です。


法学セミナーの公式サイトへ
本・雑誌 法学セミナー
本・雑誌内容 本誌は、法律と社会の関係が具体的事件、裁判などを通じて、立体的に分かるような構成になっている。本誌を読み進むうちに法的なものの考え方(リーガル・マインド)が自然と身に付くような誌面づくりを目指す。また、各種法律関係の試験を目指す人にも役立つ実定法解説の連載も豊富な情報学習誌である。
本・雑誌内容詳細 特集=たたかいと法
__________________________

たたかいと法のアンビバレンス……和田仁孝

『権利のための闘争』のために――権利感覚の涵養を
  ……髙須則行 

軍隊と法の「戦前」と「戦後」……出口雄一 

法による軍事の制限は可能か……城野一憲 

ウクライナ戦争終結に向けた国際法の役割……尋木真也 

国家間戦争と法――社会科学たる国際政治学からの接近
  ……多湖 淳

__________________________

●[法学者の本棚]
思考停止の先に待つものは……黒野葉子
 ――フランク・パヴロフ『茶色の朝』

●#ゼミを語ろう
 福岡大学法学部 山下慎一ゼミ(社会保障法)

●論説
妊娠中絶の権利をめぐる米国連邦最高裁判決の展開
――誰が妊娠中絶の問題を決めるのか、女性か、それとも、人民か
  ……小林直三

*************************

●[連 載]
ここに弁護士がいてよかった
【第15回】毎日の「ありがとう」がやりがいに
――ぜひ、現地に「ありがとう」を体験しに来てください
  ……米元 悠 

Law of IoB――インターネット・オブ・ブレインズの法
【第9回】Cybernetic Beingの世界[後編:ディスカッション]
  ……南澤孝太=駒村圭吾=松尾剛行=成原 慧=大島義則=西村友海
   =福士珠美=小久保智淳=横大道 聡=酒井麻千子

FOCUS憲法3
【第9回】[座談会]アクチュアルな問題と憲法学・憲法訴訟の役割
     (その1)
  ……木下智史=松本和彦=村西良太=片桐直人=伊藤建

憲法と行政法の交差点
【第9回】「司法権」概念に関する若干の整理――序論的な検討
  ……神橋一彦 

契約法を考える
【第21回】いわゆる復帰的物権変動をめぐって……山城一真

紛争類型で学ぶ民法演習
【第31回】保証契約について考える(基礎編)
――事業のために個人が締結した根保証契約を素材に……千葉惠美子 

家族法のアラカルト
【第2回】懲戒権規定の見直しをめぐって(続)
――親権者以外の者が「できること」……石綿はる美 

歴史に学ぶ商法・会社法
【第12回】監 査(その2)……高田晴仁 

裁判実務と対話する刑法理論
【第20回】暴行罪成立の限界について(その3)……芥川正洋 

*************************

●[最新裁判例研究]
民法……金 安妮 
いわゆる給与ファクタリングの法的性質
[東京地判令和3・1・26 金法2171号78頁]

商法……内藤裕貴 
退職慰労金支給に係る株主総会議題の取締役会への不上程と
取締役の対第三者責任
[福岡地判令和4・3・1 LEX/DB:25572022]

刑法……大庭沙織 
孤立出産の末に死産したえい児2人の死体を私的に埋葬するために
二重の段ボール箱に入れて封をし自室に放置した行為が死体遺棄罪の
「遺棄」に当たるか
[福岡高判令4・1・19 裁判所ウェブサイト]


*************************

●[書評]
大村敦志 編著
『法的思考の基礎 新・百万人の民法学 発展編(上)(下)』
  ……井田 良 


※連載・大塚裕史「応用刑法2[各論]」は休載いたします。
プロダクトNo 1281679581
出版社 日本評論社
発売日 毎月12日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。