+81(PLUS EIGHTY ONE) 定期購読・最新号・バックナンバー

+81(PLUS EIGHTY ONE)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

+81(PLUS EIGHTY ONE)雑誌の詳細です。


+81(PLUS EIGHTY ONE)の公式サイトへ
本・雑誌 +81(PLUS EIGHTY ONE)
本・雑誌内容
本・雑誌内容詳細 +81 Highlights ‒ vol.1 to 80 issue

昨年、創刊20 周年を迎えたのに続き、今回は雑誌名+81 Magazineと同じ「81」号という節目に至ったことを記念して、これまでに発行した1号か
ら80号で紹介したクリエイターを各1名ずつピックアップ。全号分の全80クリエイターに再取材を試み、過去の掲載誌面と合わせて、彼らの新作を
コンパイルした見応え十分な特別ダイジェスト版となっている。巨匠から有望な若手まで、81号を迎えるまでに幾多のクリエイターと結びつき、クリエイティヴ界の潮流と共に歩んできた、+81ならではの人選となった唯一無二のクリエイター・ファイルと言えるだろう。表紙には、+81創刊初の取材クリエイターである、tomatoのJohn Warwicker が手がけている。

Hot on the heels of our 20th anniversary last year, this time we commemorate reaching vol.81, just like the name of our magazine +81 by covering one creator each from vol.1 through 80. We revisit with these 80 artists, compiling the old pages featuring them along with their latest work in a special digest that is worth checking out . From masters to promising young talent, we have connected with many creators and lived the tides of the
scene alongside them leading up to this issue, so it’ s safe to say that this is a one-of-a-kind profile of persons only we at +81 can offer. The cover is by John Warwicker of tomato, who appeared in our very first issue.

--CONTENTS--
John Warwicker / VOL.1
Fabien Baron / VOL.2
Robert Bergmann / VOL.3
The Designers Republic/ VOL.4
Mark Farrow / VOL.5
Tom Hingston / VOL.6
Intro / VOL.7
Gustav Karlsson Frost / VOL.8
Big Active Design / VOL.9
Laurent Fetis / VOL.10
Why Not Associates / VOL.11
Tobias Frere-Jones / VOL.12
Mark Borthwick / VOL.13
Juergen Teller / VOL.14
Shaynola / VOL.15
MAISON KITSUNÉ / VOL.16
Ninja Tune / VOL.17
Masters At Work / VOL.18
032c / VOL.19
agnès b. / VOL.20
onedotzero / VOL.21
Thonik / VOL.22
Rankin / VOL.23
Hideki Nakajima / VOL.24
LE BOOK / VOL.25
Michael C Place / VOL.26
UNDERCOVER / VOL.27
Kashiwa Sato / VOL.28
Le pivot / VOL.29
Wing Shya / VOL.30
Daido Moriyama / VOL.31
Sam Winston / VOL.32
P.A.M / VOL.33
Kazunari Hattori / VOL.34
Jean-Philippe Delhomme / VOL.35
Geoff McFetridge / VOL.36
Deanne Cheuk / VOL.37
Paul Boudens / VOL.38
WERK Magazine / VOL.39
Kate Moross / VOL.40
Trevor Jackson / VOL.41
Shepard Fairey / VOL.42
Vier5 / VOL.43
Henrik Vibskov / VOL.44
assume vivid astro focus / VOL.45
Peter Sutherland / VOL.46
Ryan McGinness / VOL.47
Nieves / VOL.48
cyan / VOL.49
1Non-Format / VOL.50
Craig Ward / VOL.51
COLORS AND THE KIDS / VOL.52
Design by Toko / VOL.53
Gunter Rambow / VOL.54
Jeffrey Deitch / VOL.55
Kohei Nawa from SANDWICH / VOL.56
Kate Gibb / VOL.57
Daito Manabe / VOL.58
Gordon Young / VOL.59
Chen Man / VOL.60
Experimental Jetset / VOL.61
Milton Glaser / VOL.62
Neville Brody / VOL.63
Ed Templeton / VOL.64
Dominique Falla / VOL.65
KENZO / VOL.66
Naoto Fukasawa / VOL.67
Craig & Karl / VOL.68
WK Interact / VOL.69
John C Jay / VOL.70
KYOTOGRAPHIE / VOL.71
POST / VOL.72
Masayoshi Sukita / VOL.73
Newport Street Gallery / VOL.74
Katsumi Asaba / VOL.75
Comme des Garçons / VOL.76
K.K. Barrett / VOL.77
Bibi Borthwick / VOL.78
Pokras Lampas / VOL.79
Noritaka Tatehana / VOL.80
プロダクトNo 12796310
出版社 ディーディーウェーブ
発売日 3,6,9,12月の10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。