信徒の友 定期購読・最新号・バックナンバー

信徒の友の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

信徒の友雑誌の詳細です。


信徒の友の公式サイトへ
本・雑誌 信徒の友
本・雑誌内容 1964年4月の創刊以来、キリスト教会信徒の必読誌として成長し、今日では教界最大部数の総合雑誌となりました。中学生から読めるわかりやすい文章で聖書知識を多角的にとらえるほか、これまで、三浦綾子、加賀乙彦、木崎さと子などのクリスチャン作家や、日野原重明医師、料理研究家小林カツ代といった特長ある執筆者の連載を掲載してきました。また、全国の教会をグラビア頁で紹介。さらに、毎号1つのテーマで特集を組み、メッセージや情報を掲載します。
本・雑誌内容詳細 特集=イースター──関係性の回復を

他者との関係に絶望するとき、復活の希望はどのように響いてくるのだろう。

◆《メッセージ》 人を信じられないときにも──ヨハネによる福音書21章1─14節
  ……原田裕子(千葉・薬円台教会牧師)
◆傷ついた癒やし人に倣う──ヘンリ・ナウエンに聴く……酒井陽介(イエズス会司祭)
◆《証し》 降りて生き直す──私を変えたナウエンの言葉
  ……吉田 博(東京 単立 多摩ニュータウンキリスト教会員)
  
◎特別読み物
短期連載 天皇制を考える──第1回 憲法と天皇
 ……齊藤小百合(恵泉女学園大学教授)

<連載>
●祈り……渋沢 久
●教会のトピックス
 ─焼き芋がつなぐ2つの震災 宮城から熊本へ……京都葵教会
●献堂しました
 ─兵庫・明石教会
●生と死の境界線で
 ─東ティモール民主共和国「自分の中の時間」
  ……佐藤 慧(フォトジャーナリスト、ライター)
●金さんのスケッチ散歩
 ─福岡・直方教会……金 斗鉉
●教会が新たに生まれるまで─ある建築家の現場【新連載】
 ─「教会堂の記憶を引き継ぐ」……鈴木元彦(美術家、東京信愛教会員)
●土を愛する料理人の体の喜ぶレシピ【新連載】
 ─人参と玄米のポタージュ
  ……槇本清武(岡山・オーガニックレストラン「グレイス」オーナーシェフ)
●シネマへの招待
 ─『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
●みことばにきく……小平善行(日本基督教団隠退教師)
●サムエル記に聴く─油注がれた人たちと神の箱【新連載】
 ─「ハンナが祈り続けられた理由」サムエル記上1〜6章
  ……矢田洋子(東京・吉祥寺教会牧師)
●【マンガ】こちら特養陽だまり荘【新連載】……ないとうかずえ
●シリーズ 精神障害─そこに働く神の愛をめぐって【最終回】
 ─「ステファンミニストリーへのバトンタッチ─読者のモラルと共感性に感謝」
  ……石丸昌彦(精神科医)
●信徒牧会者を目指して──ステファンミニスターの挑戦【新連載】
 ─ケース1「人生のセコンド─うつ病・アルコール依存症と闘う人に寄り添って」
●シリーズ 性 LGBTから学ぶ【新連載】
 ─「その多様性にみる神の愛」
   ……平良愛香(神奈川・川和教会牧師)
●新翻訳! 『聖書協会共同訳』を読む【新連載】
 ─第1回「マタイ1章1節「系図」に付された注」
   ……辻 学(広島大学教授、NTJ新約聖書注解)
●新刊案内
 ─『詩華集 聖書における背きと回帰』日本キリスト教詩人会 編(教文館)
   ……小島誠志(愛媛・久万教会牧師)
●世界キリスト教情報(CJC=東京)
★日毎の糧……津田一夫(京都・醍醐教会牧師)
プロダクトNo 1269
出版社 日本キリスト教団出版局
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。