月刊日本 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊日本の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊日本雑誌の詳細です。


月刊日本の公式サイトへ
本・雑誌 月刊日本
本・雑誌内容 偏狭なナショナリズムに安易に妥協することなく、民族として、文化共同体として、高度な倫理を伴った自信を日本人にもたらすため、『月刊日本』は、①わが国の縦軸としての歴史認識の再構築、②日本国憲法の徹底的な見直し、③根本的、構造的なマスコミ批判──を編集方針として掲げます。
本・雑誌内容詳細 【巻頭言】「君割腹せよ!」

【特集①】国会は死んだ
石破 茂 私は言うべきことを言い続ける
村上正邦 政治家は民の声を聞け
松原 仁 国会は政府の下請けでいいのか!

【特集②】激論 北方領土
佐藤 優 領土交渉を加速させた地政学的変動
菅沼光弘 拙速な交渉が全てを失う
東郷和彦 先人の魂は何を望んでいるのか
齋藤 勉 「四島返還」こそ歴史的正義
本誌編集部 安倍総理よ、なぜ二島を放棄したのか

【特集③】ゴーン事件が暴いた日本の病理
亀井静香 これは新自由主義の破綻だ
郷原信郎 なぜ西川社長を逮捕しないのか
青木 理 マスコミは「ペンを持った検察官」か
真殿 達 ルノーへの反逆

中島岳志×植村隆 慰安婦問題とどう向き合うか

中村慶一郎 独立自尊の精神を取り戻せ

【羅針盤】
森田 実 いま必要なのは草の根大衆の〝下克上〟だ
菊池英博 新自由主義に抗戦する仏国民、沈黙する日本国民
宮崎正弘 当世中国若者気質
稲村公望 民営化は成功したか

【新連載】
小野耕資 孤高の言論人・陸羯南

【連載】
<政治・経済・社会>
植草一秀  主権者が立ち上がるべきとき
菅野 完  安倍首相が改憲路線に転じた理由
宮崎 学  社会主義国家崩壊論Ⅲ
鈴木宗男  ロシアは主権ごと二島を返還する
高山住男  下請にリーベト集る鹿島建設の課長代理
宮崎正弘  米中貿易戦争の実情と日本の対応(マット安川のずばり勝負!)
ヤーバーニ カシオギ事件をめぐる各国の対応
酒井信彦  なぜ朝日はBTSを糾弾しないのか

<歴史・文化・思想>
佐藤 眞   郷中教育の美名に隠された「ある事実」とは
西村 眞悟 北方領土問題はロシアの軍事戦略から考察せよ
三浦小太郎 オウム実行犯たちの処刑の年に
松崎 哲久 徴兵令施行(1873)
山崎行太郎 小林秀雄とベルグソンとマルクス(5)
奥山 篤信 『ライ麦畑の反逆児』(2017年)
中村 友哉 北方領土と徴用工
川口 雅昭 吉田松陰名辞(173)
池口 恵観 カルロス・ゴーン逮捕で改めて日本の企業精神の根を探る!
南丘喜八郎 

さよならだけが人生だ 田中正造

【著者・編集者に聞く】
『青空の下でニーチェを読む』(勉誠出版)の宮崎正弘さん

【編集部が薦める一冊】
『領土問題をどう解決するか』(和田春樹、平凡社)
プロダクトNo 1224061
出版社 K&Kプレス
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。