Pen(ペン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Pen(ペン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Pen(ペン)雑誌の詳細です。


Pen(ペン)の公式サイトへ
本・雑誌 Pen(ペン)
本・雑誌内容 モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。
本・雑誌内容詳細 【完全保存版】
いまも尽きぬ創造のチカラ
三宅一生の仕事。

2018年6月、密かに披露された新プロジェクト「Session One(セッション ワン)」。
それは「縄文人に会いに行く」という斬新なテーマを掲げる衣服だった。
その衝撃的なプロジェクトを見せつけられたことで、この大特集の構想はスタートした。
パリで衣服デザインを学び、1970年に「三宅デザイン事務所」を創設、
いまもオリジナリティ豊かな発想を元に挑戦し続けるデザイナー、三宅 一 生。
本邦初公開となる貴重な写真を交え、彼のものづくりに対する真摯な姿勢と現場に迫り、
現在も脈々と進化する三宅のクリエイションの全貌を紹介しよう。

太古の記憶が甦る、「セッション ワン」の衝撃。
野生の服が切り開く、新しい時代の可能性。
服づくりの可能性を追求する、自由な実験室。
京都から発信し、伝統的な技術の継承を誓う。
軽く、しなやかに、再定義された男たちの服。
ジャーナリストの心を奪った、新しい日常着。
田中作品の魅力と日本の美を表現する、斬新なプロジェクト
アーヴィング・ペンと三宅一生、奇跡の仕事。
深淵な絆が生んだ、世界に誇る傑作ポスター
デザインを文化として伝え、継承するために。
シンケンでキケンな遊びは、どこへ向かう?

【第2特集】
2019年に読み返したい作家
サリンジャー、再び。

ほか、連載など
プロダクトNo 1220627
出版社 CCCメディアハウス
発売日 毎月1,15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。