小説新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

小説新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

小説新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

小説新潮雑誌の詳細です。


小説新潮の公式サイトへ
本・雑誌 小説新潮
本・雑誌内容 常に第一線作家の活躍の場として、ベストセラーを生み出してきた雑誌。文芸賞の発表の舞台としても注目です。
本・雑誌内容詳細
 【怪談大特集 真夏の闇】

 ―夏の季語「青葉闇」は、夏木立が鬱蒼と繁り、
 昼なお暗いさまを言う。真夏の強烈な日差しの下でこそ、
 闇はいっそう深くなる―

 〈新連載〉

 ◆宮部みゆき/Ghost Story

 ―父を知らない少年と、その父のもうひとつの家族。
 息詰まるドラマに突如挿入される、
 実話サイトに掲載されたとおぼしき「怪談」の数々は、
 いったい何を召喚するのか―。かつてない野心的スタイルで綴られる
 著者初の「幽霊屋敷もの」、戦慄の開幕!

 ◆飴村 行/曳光 マアメイド

 ―目的もなく大学を中退した俺。アルバイト先で出会ったのは

 ◆澤村伊智/枯れ井戸の声

 ―引退した作家が残した原稿に記された、恐怖が恐怖を呼ぶ怪談

 ◆長江俊和/例の支店

 ―人は死んだらどうなるか。ついに私はその答えを知ってしまう

 ◆彩藤アザミ/長い雨宿り

 ―雨宿りに飛び込んだバス停。同席した男が語るある夏の雨の話

 ◆清水裕貴/金色の小部屋

 ―教え子の突然の訃報。ちぐはぐな通夜のあと、現れた白い影は

 ◆真梨幸子/ラスボス

 ―無実の罪で逮捕された光子。助けを求めて池上に弁護を頼むが

 ◆木内 昇/鷺行町さぎゆきまちの朝とも生屋うや

 ―子をなさぬまま夫と二人暮しで七年。突然庭先に現れた男の子


---------------------------------------------------------------------------


 【特選読み切り短編】

 ◆東山彰良/追われる男

 ―女に唆されて誘拐犯の金を奪った俺は
 奴らから逃げるために羽田へ向かった。
 そこに一本の電話がかかってきて―

 ◆西條奈加/涼すず暮くれ撫子 せき越こえぬ

 ―出女は許さぬ! 身内の女子も立ち入り禁止になった関所では

 ◆松尾 潔/ミルクスタンド

 ―注文の声と商品の受け渡しのみの空間にも、わたしの客はいて


---------------------------------------------------------------------------


 【短期集中掲載最終回】

 ◆佐藤愛子/冥界からの声
 ―「これで終りです」と告げ、消えたひふみ。
 この交流は何を示すのか。ひとつだけ、いえることがあるとすれば、
 それは―


---------------------------------------------------------------------------


 【連載第二回】

 ◆安部龍太郎/迷宮の月

 ◆黒川博行/熔果

 ◆岩井勇気/僕の人生には事件が起きない


---------------------------------------------------------------------------


 【小説新潮作家名鑑】

 ◆長江俊和

 ―映像監督であり作家。二つの顔を持つ男の
 日常にフォーカスオン


---------------------------------------------------------------------------


 【バラエティコラム】

 〈いつか住みたい街〉岩田 徹

 〈思い出の手料理〉かつとんたろう

 〈マイルーティーン〉三宅香帆


---------------------------------------------------------------------------


 【好評連載小説】

 赤川次郎/いもうと
 朝井まかて/輪舞曲 ロンド
 石田衣良/清く貧しく美しく
 奥田英朗/霧の向こう
 熊谷達也/我は景祐
 白石一文/ひとりでパンを買いに行く日々に
 西村京太郎/富山地方鉄道殺人事件
 楡 周平/鉄の楽園
 貫井徳郎/邯鄲の島遥かなり
 早見和真/ザ・ロイヤルファミリ―
 藤野恵美/サバイバーズ・ギルト
 薬丸 岳/刑事弁護人
 山本一力/船旗を替えよ!
 山本文緒/自転しながら公転する


---------------------------------------------------------------------------


 【連載エッセイ・ノンフィクション・マンガ】

 Oka-Chang/へそのお
 佐藤 優/落日の帝国 プラハの憂鬱
 中野信子/孤独な脳、馬鹿になれない私
 ペリー荻野/テレビの荒野を歩いた人たち 
 小林亜星の巻 後編
 増田俊也/続 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 最終回
 道草晴子/下北日記
 群ようこ/じじばばのるつぼ


---------------------------------------------------------------------------


 【連載コラム】

 ◆本の森

 ―新刊文芸書から、選りすぐりを紹介
 〈仕事・人生〉吉田大助
 〈医療・介護〉東えりか
 〈ホラー・ミステリ〉村上貴史

プロダクトNo 1215
出版社 新潮社
発売日 毎月22日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。