週刊新潮 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊新潮の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊新潮雑誌の詳細です。


週刊新潮の公式サイトへ
本・雑誌 週刊新潮
本・雑誌内容 「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
秋篠宮家にゼロ回答
皇室利用の声も出た「小室圭さん」不実の正月

【特集】
株価は下落! 大手が離脱!
ZOZO「前澤社長」の1億円バラ撒きでも消せない悪い評判

【特集】
人気もカラーも激変の「MARCH」入学するならどの「大学」「学部」?

【ワイド】 女たちの秘め事初め
(1)
(2)「長野」諦念でも年上女房「下平さやか」は巨人を許せない
(3)「宮中祭祀」を不合理という「雅子妃」の異論
(4)「NGT48」支配人がコントロールできない「暴行事件」余波
(5)「中森明菜」からファンに届いた年賀状を心理分析したら……
(6)「小池都知事」は排除しなくても最側近が「登庁拒否」のワケ
(7)NHKが笑う「牧瀬里穂」朝ドラにシンデレラ・エクスプレス効果
(8)「イヴァンカ」世銀総裁誕生なら米中摩擦への「吉凶」占い
(9)「ローラ」を待望する「辺野古反対」野党議員と破壊活動家

【特集】
愛煙家の胸が晴れた 「ニコチン」でアルツハイマーが防げる!

【特集】
新春ドラマ「丸儲けの女優」「大損する女優」 

【特集】
菊川怜は耳を塞ぐ「百億夫」の「慰謝料裁判」傍聴報告
プロダクトNo 1138
出版社 新潮社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。