コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO) 定期購読・最新号・バックナンバー

コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)雑誌の詳細です。


コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)の公式サイトへ
本・雑誌 コマーシャルフォト(COMMERCIAL PHOTO)
本・雑誌内容 プロフェッショナル・フォトグラファー必読!「コマーシャル・フォト」はフォトグラファーや広告クリエイターのための専門誌としてクリエイティブに役立つ情報や最新技術、新製品を随時掲載。編集部が注目するクリエイターも紹介、CM、グラフィック広告、Webメディア、ミュージックビデオなど、様々な最新情報を毎号掲載。別冊付録も充実(3月号:春のスタジオガイド、4月号:CM・映像キャメラマン&ライトマンファイル、8月号:STUDIO DATA BOOK&撮影サポートガイド、10月号:CM・映像ディレクターズファイル)。プランニングのヒントやスタッフのキャスティングにも活用できる。
本・雑誌内容詳細 【特集】
今から始めるフィルム撮影

若いフォトグラファー世代のフィルム回帰が止まらない。
ファッション雑誌を中心にフィルムによる仕事も増えてきているようだ。
では、今からでもフィルム撮影を始めることはできるのか? 
カメラやフィルム、印画紙は手に入るか。現像やプリントはどうしたらいいのか。
すぐに役立つ情報満載!

現像・プリント(フォートウエノ/西村カメラ)
フィルム販売(ヨドバシカメラ) 中古カメラ販売(マップ・カメラ)
フィルムカメラ修理(TOYOカメラサービス)
富士フィルムに聞いてみた
デジタル世代に聞く「今、なぜフィルムなのか」 嶌村吉祥丸/千賀健史/中村力也


【解析特集】
進化を続けるLED照明
HIVE WASP 100-C
Aputure Light Storm COB120d
解説・撮影:上田晃司

撮影用ライティング機材として、注目を集めるLED照明。
ストロボ、HMI、蛍光灯、タングステンにはないLED照明のメリットとは何か。HIVE「WASP 100 -C」とAputure「Light Storm COB 120 d」2 種類を使用してその性能を探る。
解説・撮影:上田晃司


【特集】
フォトグラファーとして知っておきたい
著作権Q&A

この写真、Webサイトに掲載しても問題ない?
これって著作権侵害されている? など
仕事中、作品撮影中、あらゆる場面で生まれる著作権に関するギモン。
そんな日常生まれそうな素朴なギモンから、著作権のキホンをおさえる。

プロとして著作権とどう関わっていく? 野間自子(三宅坂総合法律事務所)




【SPECIAL FEATURE】
Photographers Now Vol.25
Tyrone Lebon タイロン・ルボン

2016年、カルバン・クラインのワールドワイドキャンペーンで、
注目を集めたタイロン・ルボン。
ドキュメンタリー映像作家としての顔も持ち、
ファッションの幻想は信じていないというルボンが撮るファッション写真。

編集:菅付雅信/ジョイス・ラム+編集部




【MONTHLY ADVERTISING】
セレクター:安路 篤/榎本卓朗/興村憲彦



【MY BEST CHOICE CM】
篠原 誠(クリエイティブ・ディレクター)



【SPECIAL SESSION】
副田高行 藤井 保「世界遺産 富岡製糸場」


【FEATURE】
Kaz Arahama 「Towers of a Tower」

【好評連載】
Still Life Imaging 素晴らしき物撮影の世界 南雲暁彦 Vol.2 雑誌広告を想定してブランドバッグを撮る

吉田尚記のあさっての話 その14 安田 登(能楽師)

フォトグラファー横木安良夫 ゲッティ イメージズのコントリビューターを目指す

あの街のクリエイター Vol.14 福島県 郡山市 佐藤哲也

一眼ムービーなんて怖くない! 鹿野 宏 第72回 動画撮影でF1.2大口径単焦点という選択、オリンパスM.ZUIKO PRO

流行写真通信 菅付雅信 第79回 「#MeToo以後の写真家と被写体のより良い関係とは?」

アートディレクターが進むべきネクストステージ 土屋貴弘 Vol.4 答えは人の中にある

CINE material Vol.16 「カメラを止めるな!」

旬の賞味期限 ペリー萩野

何がうけるかわからない マンガ:藤井 亮
プロダクトNo 5806
出版社 玄光社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。