OHM 定期購読・最新号・バックナンバー

OHMの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

OHM雑誌の詳細です。


OHMの公式サイトへ
本・雑誌 OHM
本・雑誌内容 電気設備の開発・保守管理、電力システム、省エネ・新エネ、情報通信、輸送交通、ナノテク・材料などの最新技術動向、エネルギー政策、環境・安全対策、電気関連法規・基準の改訂、技術者教育、知的財産権など、電気・エネルギーに携わる技術者に必要な情報を毎月提供。電験一・二種と技術士の資格情報および学習記事も掲載しています。
本・雑誌内容詳細 ■トップページ

【トップの原点ここにあり!】〝与えられた幅広い経験を人生の糧に”
生駒 昌夫 (株)きんでん 代表取締役会長

■特集

運輸設備の雷害対策

・運輸設備(交通機関)に関連する雷現象と安全対策
 横山 茂(静岡大学、中部大学)

・鉄道(電力・信号)における雷害対策
 重枝 秀紀、新井 英樹(鉄道総合技術研究所)

・航空機における雷対策
 桐生 勝史(多摩川精機)

・小型船舶における雷被害発生のメカニズム
 山吹 巧一(和歌山工業高等専門学校)

・安心・安全な自動車社会に欠くことのできない雷対策
 山本 和男(中部大学)

・水素供給設備における雷保護対策
 柳川 俊一(昭電)

・運輸設備におけるSPD・耐雷トランスによる雷対策
 山田 康春(サンコーシヤ)

■特別企画

電気学会創立130周年記念座談会「会報、論文発表だけじゃない!学会活動の意義とメリット」

司会:斎藤 英揮(東芝エネルギーシステムズ)、小原 学(明治大学)、岩尾 徹(東京都市大学)、青木 康二郎(東京電力パワーグリッド)、満倉 靖恵(慶應義塾大学)、稲森 真美子(東海大学)、加藤 崇(日産自動車)、安藤 毅(東京電機大学)、近藤 玲(ダイキン工業)

■解説

・雷と放射線の不思議な関係〜雷から反物質と放射線の発生
 鳥居 建男(日本原子力研究開発機構)

・地域と連携した小水力発電を復活させる地域活性事業
 坂内 正明(三重大学)

・計装システムで活用されるプロセス制御技術
 木村 勝(横河電機)

・ABB日本ベーレーが展開するバーチャルパワープラントの最適化ソリューション
 小川 幹敬(ABB日本ベーレー)

■関連法規

LPガス発電設備の保守点検に関する改正

■ライセンス(資格試験)

2018年 電験二種合格!実践セミナー
植田 福広、岡村 幸壽、井手 三男

■連載・コラム

【電気技術者のためのキーテクノロジー150選】
 前田 隆文、植田 福広、江藤 伸夫

【みんなで創ろう!スマートハウス事例集】ECHONET Liteのソフトウェアを一望しよう
 一色 正男、笹川 雄司、杉村 博(神奈川工科大学)

【超電導応用・最前線】超伝導センサを用いた先端計測システム
 圓福 敬二(九州大学)

【社会インフラを支える「エネルギーと情報」】プログラミングの授業における演習課題の自動採点
 井上 潮(東京電機大学)

 New【海外の特許代理人との上手なやり取り】現地代理人への出願依頼―その1
 辰己 雄一(ユビランド知的財産綜合事務所)

【電験「理論」を極める!】磁界の求め方 その3 ~磁気回路とベクトルポテンシャル~
 岡部 浩之

【電気系技術者 一問一答】
 呉 世訓(DGIST)

【再読—読んでおきたい一冊】吉川 洋 著『いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ 有効需要とイノベーションの経済学』
 松樹 千年翠(コラムニスト)

【電気関連分野で活躍する技術者からのメッセージ】東北地域を支える高速道路の電気技術者を目指して
 安野 智也(ネクスコ・エンジニアリング東北)

【人類世の地球環境】網膜走査レーザで見える究極の温暖化対策
 杉山 大志(キヤノングローバル戦略研究所)

【平成29年度 電験二種合格体験記】電験二種とは総合力が試される試験
 矢野 国雄(ネクスコ・エンジニアリング北海道)

【平成29年度 電験二種合格体験記】電気に恋をして
 田原 祐貴(住友化学)

■レポートほか

・【今月のフォトグラフ】前橋バイオマス発電所
 関電工
・News Flash
・OHMかわらばん
・NEW PRODUCTS(新製品情報)

■広告企画

雷害対策
プロダクトNo 294
出版社 オーム社
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。