料理王国 定期購読・最新号・バックナンバー

料理王国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

料理王国雑誌の詳細です。


料理王国の公式サイトへ
本・雑誌 料理王国
本・雑誌内容 「料理王国」は食べることの歓びと文化でいっぱいのクオリティマガジンです。いま、何を食べようか?いま、何を食べに行こうか?いま、何を作ろうか?そんなことを考えているとき、人は誰でも「料理王国」の住人。各界の食いしん坊達の広範な「食情報」ネットワークを作りあげ、いま考えられる最高の著者たちのご協力を頂き、最高の情報を提供しています。たえずリサーチと取材を繰り返し、充実した特集記事を毎号お届けしています。数多くある料理雑誌で、最も高いレベルの情報を求め続け、日本の料理人と食材作りの仕事人達に親しまれています。
本・雑誌内容詳細 ◆オリジナリティのルール◆

014 [大特集] オリジナリティのルール
42人から学ぶ 75の行動ルール

016 トップシェフに聞く オリジナリティとは何か?
018 「オード」生井祐介さん、「ロットチェント」樋口敬洋さん、「メゾン」渥美創太さん、
「銀座しのはら」篠原武将さん、「ティルプス」大橋直誉さん ほか
024 シェフズ ギャザリング
ジャンルを越えた交流が新しいクリエイションを生む
026 [インタビュー] 本田直之さん
挑戦せず、進化しない伝統は廃れる。哲学のないオリジナリティはない
028 DREAM DUSK
予約の取れない人気店が一堂に会する2日限りのスペシャルディナー
030 「よろにく」桑原Vanne秀幸さん、「ソラ」吉武広樹さん、
「FPM」田中知之さん、「梶谷農園」梶谷 譲さん ほか

036 「エテ」庄司夏子さん 駒場学園高等学校 特別講義
どんな私なら興味深く思ってもらえるか
038 なぜ、料理人は岩永歩に惹かれるのか?
「ル シュクレクール」岩永 歩さん

044 響き合うオリジナリティ
[対談] 「堀口切子」堀口 徹さん×「料理屋 植むら」植村良輔さん

050 グローバルなステージで
アマゾン「フロリレージュ」川手寛康さん
054 台湾「祥雲龍吟」稗田良平さん
058 アメリカ カリナリーディレクター 中東篤志さん

062 「ピエール・ガニェール」のオリジナリティ 犬養裕美子さん
シェフが惹かれる生産者
064 「神経締めの魚」藤本純一さん
10日は生食できる独自の締め方

068 「キャビアライム」梶谷光弘さん、梶谷高男さん
視覚、味覚、食感に訴える柑橘を
074 「完全天日塩」田野屋塩二郎さん
成功の秘訣は、どこまで擬人化できるか
078 「黒糖」田波憲二さん、田波頼子さん
江戸時代から続く製法こそ現代のオリジナリティ
082 自分の信じた道をとことん貫く
「北海道ナチュラルチーズ・コンシェルジュ チーズのこえ」
今野 徹さん
伝統をアップデートする力

086 「カマチ陶舗」蒲地 勝さん
090 「銀座かずや」古関一哉さん
094 「石井酒造」石井 誠さん

098 [特別インタビュー]
オランダの漁業市場を10年で変えた料理人
バート・ファン・オルフェンさん

100 Chefs for the Blue 国際コンペで世界一に
101 「マンガリッツァ豚」などの食を通じてハンガリーをもっと身近に!
ハンガリー大使館イベント
103 ケルククラブ 電化厨房機器の出前セミナー
106 服部学園の取り組み vol.29
プレコフーズ奨学金が髙波代表取締役の手から一人ひとりに授与

◆連載◆
003 新店のこのひと皿
東京・渋谷「酒井商会」
京都・北大路「bistro Chic ビストロ・シック」

006 WORLD RESTAURANT NEWS
イタリア・ミラノ発
タイ・バンコク発
アメリカ・ニューヨーク発
オーストラリア・メルボルン発
010 成田一世「成田流」11
「クリエイティビティ」は生涯のテーマ
012 増井千尋のパリ発
「おいしいもの大好き まずいもの大嫌い」42
「ジェネロジテ」に満ちた
王道のフランス料理
104 タベアルキストの一週間26
宮城の漁師から直送
幻の食材「ホヤ」に出会う
宮城漁師酒場 魚谷屋

◆INFORMATION◆
102 料理王国100選エントリースタート
108 イベントリポート
110 What’s NEW!旬の情報をお届け!
111 バックナンバー&定期購読
112 次号予告・編集室から
プロダクトNo 2781
出版社 CUISINE KINGDOM
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。