農耕と園芸 定期購読・最新号・バックナンバー

農耕と園芸の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

農耕と園芸雑誌の詳細です。


農耕と園芸の公式サイトへ
本・雑誌 農耕と園芸
本・雑誌内容 1926年創刊。創刊当初は「実際園芸」の誌名で発行し、戦争で一時休刊、戦後の復刊にあたり、農業振興の内容を表すため「農耕と園芸」と改題し、野菜・花・果樹園芸を中心とした総合園芸誌となった。園芸作物を毎年安定して生産するための栽培技術をはじめ、早期出荷や高品質化のためのハウスや温室を使った栽培、それらに関する品種や作型、管理法のほか、新しい栽培法に関する研究やその成果、資材・機器の情報などを紹介し、園芸農家や一般生産者、技術者に対しての生産技術と経営事例などから具体的内容を誌面で提供している。
本・雑誌内容詳細 特集:成功する!ネギ栽培

●春夏季に安定生産可能なコンパクトネギ品種「こいわらべ」「すずわらべ」
●ネギ萎凋病の抵抗性に関与する遺伝子群の特定に成功
●白ネギ最終土寄せ(止め土)作業を機械化 ローラー式培土器の開発について
●「白神ねぎ」10億円販売プロジェクトチームと園芸メガ団地の取り組み
●新規就農8年で17ha栽培 白岡をネギの町に!

【記事】
生産現場へGO!!
就農して6年。千葉でプレミアムな夏ネギを作る!

【連載】
・私、農家になりました!
東京で野菜農家になりました。

・見たい・知りたい・最先端!!
有機性廃棄物を速やかに液肥化する高温高圧の水熱分解処理の実用化を目指す

・土壌医を目指そう! はじめての土壌づくり[中上級]

【TOPICS&リポート】
・農林水産省におけるスマイルケア食の取り組み

・第60回 野菜・花き種苗改善審査会「春まきキャベツの部」リポート

・alicセミナー「ベトナムの野菜の生産、流通および輸出の現状」と「台湾のえだまめの生産、流通および輸出の現状」

ほか
プロダクトNo 2016
出版社 誠文堂新光社
発売日 毎月23日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。