なごみ 定期購読・最新号・バックナンバー

なごみの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

なごみ雑誌の詳細です。


なごみの公式サイトへ
本・雑誌 なごみ
本・雑誌内容 今日ほど、「和の心」が渇望されている時代はありません。日々のくらしのなかで、和を尊ぶ心を形にしてきた総合文化「茶の湯」に範をとり、月刊毎号特集ページを充実、現代の「茶のあるくらし」=「和のあるくらし」を提案しています。
本・雑誌内容詳細 2018年

なごみ2018年6月号
木材の宝石 茶室に生きる銘木

【大特集】
木材の宝石 茶室に生きる銘木

◎特集の内容
木を特長とする日本建築。茶の湯の建築・茶室にも木は生かされています。そんな木材のなかでも、木目や色艶、木肌などが特に美しいものは「銘木」と呼ばれてきました。木造建築が世界的に見直されている現在、古くから茶空間に生きる銘木の魅力を見つめます。

・実例紹介 床の間に生きる木味 (中村義明)

・数寄屋建築棟梁にきく
 数寄屋と木材 考えるヒント (中村義明)

・銘木を挽き出す
 木挽きという仕事 (鴨川商店、東出朝陽)

・近代数寄者と銘木文化 (桐浴邦夫)

・五百年後の森を育てるために (澁澤寿一)

【小特集】
具材をくふうして 和のサンドイッチ (冷水希三子)

◎小特集の内容
マヨネーズにわさびのフレーバーを加えるなど、「和」の風味を生かしたサンドイッチのレシピをご紹介します。

【連載】
・長野博と学ぶ 茶懐石のキホン「懐石の器とは」(長野 博×小山裕久)

・36時間私の京都観光「「歌舞伎・三大名作でめぐる」旅」 (松井今朝子〈作家〉)

・TOKYO市中の山居「光の華 茶室「光華」」(ホンマタカシ)

・あいなごむとき「言葉のジェンダー」(冲方 丁)

・香道絵巻「余白の美」(蜂谷宗苾)

・もじ転々「フォントも人なり」(平野甲賀)

・わたしのヒーロー「佐藤文香」(俳人)

・茶箱が好き「李朝心酔の茶籠」

・和歌と日本人の暮らし「生活の端々で詠まれた和歌」(浅田 徹)

・能楽ものがたり「稚児桜―花月(三)」(澤田瞳子)

・松平不昧研究「不昧の祖母、天岳院の一生」(石田 俊)

・ピアノで味わうクラシック「フォーレ「言葉なきロマンス」」(青柳いづみこ)

・花屋さんの茶花こぼれ話「“本当の鉄線”」(能村菊人)

・レッツ! 和算ドリル「大原女算」(西田知己)

・なごみBooks/Theater/Museum/なごみ7月号の予告
プロダクトNo 1909
出版社 淡交社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。