TARU(たる) 定期購読・最新号・バックナンバー

TARU(たる)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

TARU(たる)雑誌の詳細です。


TARU(たる)の公式サイトへ
本・雑誌 TARU(たる)
本・雑誌内容 「月刊たる」は関西発のお酒とその周辺をご紹介する雑誌です。創刊30年、「酒の知識」「酒と人」「酒と文化」「肴」などおよそお酒に関わる全てを”話題一杯”献上しています。酒好きな方だけでなく、酒を扱うプロの方も満足させる内容です。
本・雑誌内容詳細 【特集】
ミャンマーの中心地、ヤンゴンの酒事情

『ビルマの竪琴』(竹山道雄作)が戦後、映画監督の巨匠と言われた市川崑氏により2回も映画化され、話題を呼んだ。元々は児童向けの小説だったが、先の大戦で多くの戦死者を出し未だミャンマーの地に眠っていることもあり、日本にとっての思慕は絶えない。
3年前、キリングループがミャンマーの最大手のビール会社を取得したこともあり、そのリポートも兼ね、本誌でお馴染みの柄長葉之輔氏共々訪問。又現地在住で、黒澤明監督の映画でも名脇役で一世を風靡した故・花澤徳衛氏の孫である花澤光希さんが活躍されていることを知り、厚かましく「女性から見るミャンマーとお酒」の原稿も頂いた。
滞在期間(4日間)が短かったゆえ、大都市・ヤンゴンのみの特集になりました。

1. 国内シェア80%強のミャンマーブルワリー
2. 東京で味わう!本格ミャンマー料理〔ノング インレイ〕
3. ミャンマーブルワリーを訪ねて 文/柄長葉之輔
4. 女性から見る、ミャンマーとお酒 文/花澤光希
5. ミャンマー旅行記 文・絵/丸山忠生
【Special Feature】
夏本番! ビールの世界を楽しもう!
1. 関西のビアスポット 大集合!
2. クラフトビールの世界が広がる Tap Marché
3. BEER EVENT REPORT
□[巻頭言]酒ゴコロ、男ゴコロ —椎名誠「いきなりハイボールなのだ」
・カクテルNOTE —〈オールド・ファションド〉
〔WALK IN BAR MOD〕 — 大庭正志さん
□[Pick Up]日本酒類販売のワインイベント
□革新的なノンアルコールビールテイスト飲料『オールフリー オールタイム』
□[Special Interview]スペイン白ワイン市場 No.1! DOルエダ
□「夏はキリッと冷やして、爽やかに楽しむ
『カッシェロ・デル・ディアブロ・エディション ソーヴィニヨン・ブラン』
『カッシェロ・デル・ディアブロ クール・エディション ロゼ』
□19世紀に創業のスコッチシングルモルトウイスキー
『グレンドロナック/ベンリアック/グレングラッサ』
□発売30周年を迎えた大関『辛丹波』
□[Sake Event Report]第33回全国久保田会開かれる
□『ボウモア』をより気軽に楽しむための1本『ボウモアナンバーワン』
□[Cocktail Event Report]Tokyo International Bar Show 2018
多彩なカクテルコンペティション
□[Special Report]大和ハウス生活文化フォーラム第4回
「健康な暮らしは発酵食品で」
□連載
・こどもたちに安全な野菜を —天野礼子
・黄金の琥珀に純白の泡 —松沢幸一
・お酒と福祉の醸す日々 —川嶋舟
・飲むたび、こころ旅 —檀タツオ
・いい加減がいいな —廣野辰彦
・「日本酒スタイリスト」島田律子のSAKEスタイル
・今宵の1話
・春宵酔刻 —柄長葉之輔
・龍の瞳サクセスストーリー

プロダクトNo 1584
出版社 たる出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。