生体の科学 定期購読・最新号・バックナンバー

生体の科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

生体の科学雑誌の詳細です。


生体の科学の公式サイトへ
本・雑誌 生体の科学
本・雑誌内容 生命科学・生物科学領域における最先端の研究を、毎号特集形式により紹介。神経科学はもとより分子生物学・酵素科学・栄養科学にいたる領域も含め、注目されるトピックテーマの最新情報を提供する。
本・雑誌内容詳細 ■特集 生体膜のバイオロジー■
特集「生体膜のバイオロジー」によせて(栗原 裕基)
□I.理論
再構成アプローチから明らかになった生体膜の基本的性質(鈴木 宏明)
オルガネラ形態の物理モデリング(立川 正志・望月 敦史)
□II.構 造
BARドメインタンパク質と細胞骨格による細胞膜の構造構築(西村 珠子・末次 志郎)
細胞質および核質での脂肪滴の形成(大崎 雄樹)
ラフト構造を介した細胞膜シグナル伝達(鈴木 健一)
□III.動 態
細胞模倣膜の相分離構造と脂肪酸(下川 直史・高木 昌宏)
リサイクリングエンドソームを制御する分子機構(田口 友彦)
エクソサイトーシスの分子機構(高橋 倫子)
□IV.機 能
横紋筋の膜構造と興奮収縮連関(武井 大祐・竹島 浩)
細胞膜を介したメカノセンシング(山本 希美子・安藤 譲二)
細胞膜にかかる張力と胚発生(道上 達男)
□V.新技術
セミインタクト細胞リシール技術を用いた細胞機能解析(國重 莉奈・加納 ふみ・村田 昌之)
マイクロデバイスを利用した人工脂質二重膜によるタンパク質機能解析(神谷 厚輝・竹内 昌治)
EMARS法の開発と膜マイクロドメイン研究への応用(本家 孝一・山口 亜利沙・小谷 典弘)


●連載講座 生命科学を拓く新しい実験動物モデル‐16
絶滅危惧種アマミトゲネズミのiPS細胞(本多 新)

●仮説と戦略
セルフリー合成生物学(前多 裕介・坂本 遼太・白木 天晴)

分子誕生からの進化距離に基づいた解析による
 約35-25億年前に起こった遺伝子制御システムの変革と複雑化のしくみの解明(堀越 正美)
プロダクトNo 1474
出版社 医学書院
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。