CLINIC magazine(クリニックマガジン) 定期購読・最新号・バックナンバー

CLINIC magazine(クリニックマガジン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CLINIC magazine(クリニックマガジン)雑誌の詳細です。


CLINIC magazine(クリニックマガジン)の公式サイトへ
本・雑誌 CLINIC magazine(クリニックマガジン)
本・雑誌内容 月刊誌「クリニックマガジン」は、1975年4月に創刊されました。 読者は、全国の中小病院・開業医が中心ですが、全国の医科大学や基幹病院の主要医局、国公私立病院の勤務医をはじめ製薬企業およびMRにも愛読者が増えています。 年間購読料には、11月発行の別冊・病院と診療所の経営指標が中心の特集号が含まれます。
本・雑誌内容詳細 視 点
慢性便秘症診療の道しるべとして、国内初のガイドラインを作成
ガラパゴス化した診療を見直し
国際標準に近づける
横浜市立大学大学院 中島 淳

特 集
糖尿病治療UPDATE
DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬等の新規経口血糖降下薬の登場は、糖尿病治療に大きな変革をもたらした。各薬物の大規模臨床試験の結果により、体重コントロールとともに心血管疾患、糖尿病性腎症を防ぎ、膵β細胞の機能、数を回復させる可能性も示されている。また、1型糖尿病治療を次のステージに引き上げたCSIIとSAPについても、1型糖尿病患者に限らず、境界型、2型糖尿病患者において良好な結果をもたらすとの報告もある。しかし、糖尿病治療の選択肢は増えているが、正しい知識を得ていなければ適切な治療は難しい。
そこで本特集では、糖尿病治療の選択と効果について考察。併せてCSIIとSAPの実際を伺った。

●糖尿病治療薬の効果と選択
順天堂大学 佐藤博亮氏
●良好な血糖コントロールをもたらすCSIIとSAP
東京女子医科大学 三浦順之助氏

てんかん治療の最前線
増加する高齢者てんかんの特徴や
妊娠と抗てんかん薬の知見を解説
国際医療福祉大学医学部 赤松直樹ほか

特別対談(前編)『多職種連携で支える地域生活者の自己健康管理』
セルフメディケーションによってもたらされる
健康寿命の延伸
大幸薬品 柴田 高
昭和大学医学部 木内祐二

INTERVIEW
医学部受験の今を問う
医師の先輩として子弟の適性を見定める
ココノッツ 田辺 功

[REPORT /日本臨床内科医会主催『医学生、研修医等をサポートする会』]
男性医師も女性医師も状況に応じ自分にとってベストの選択を

臨 床
北里流 プライマリ・ケアにおける漢方診療
在宅医療
医療法人社団相心会ワイズクリニック 米田吉位
希少がん入門
頭頸部の肉腫
国立がん研究センター中央病院
小林謙也、吉本世一
読む!新薬
アレルギー性疾患治療剤
ルパフィン®
貴方も名医
大阪市立大学大学院
浅井一久、吉本直樹、平田一人
私のゲンキの素
ボルダリング(Bouldering)
うじいえ内科クリニック 氏家勇一

経 営
激変! どうなる医療制度改革、今後の課題と対応策
先月の医療・介護情報を速読する㉓
メディカル・テン 宮坂佳紀
病医院経営便利書式集
2018年度診療報酬・介護報酬同時改定に対応するために②
町山三郎の納得「節税」塾
新しい認定医療法人制度がスタート
アフェックス 町山三郎
医療ICT 実践講座〈事例〉
電子カルテクラーク養成講座(穴吹医療福祉専門学校)
MICT コンサルティング 大西大輔
医院経営総合戦略室
医師の業務時間の削減と患者満足度の向上を両立するには
Ubie 阿部吉倫
医療事故・医療過誤を未然に防ぐ!
高齢者の医療事故②
ゆりの木法律事務所 森谷和馬
COML 電話相談実例集
紹介先クリニックでの不妊治療でようやく妊娠、出産する総合病院の担当医が変わり、
そっけない対応にストレスを感じます… ほか
COML 山口育子
プロダクトNo 1281683990
出版社 ドラッグマガジン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。