PCG 定期購読・最新号・バックナンバー

PCGの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PCG雑誌の詳細です。


PCGの公式サイトへ
本・雑誌 PCG
本・雑誌内容 PCGは(協)全日本洋菓子工業会が編集・発行する、製菓技術に携わる全てのプロのための専門誌です。毎号30ページに及ぶ『特集』を組んでおり、このほか「話題の店」、「製菓技術ゼミナール」、「私のスペシャリテ」、「経営情報」などの連載も充実。洋菓子製造の専門書として、あるいは職業訓練のワークブックとして、1970年の創刊以来、初心者はもちろん熟練技術者や経営者の方々など幅広い読者の皆様にご愛読いただいています。
本・雑誌内容詳細 世界の菓子PCG 2018年6月号

■特集 第16回 クープ・デュ・モンド国内選考会   VOL.583
3月20・21日の2日間、第16回クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー国内選考会が東京製菓学校(東京都新宿区)で行われました。3部門、計23名の決勝進出者が芸術性と味覚を競い合った本大会は、来年1月にフランス・リヨンにて開催される「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2019」における日本代表チームの選考会。厳選なる審査の結果、A部門「アントルメ・ショコラ/アメ細工」では伊藤文明氏(パティスリー メゾンドゥース)、B部門「アシエット・デセール/チョコレート細工」では西山未来氏(スタジオ・シュゼット)、C部門「アントルメ・グラッセ/氷彫刻部門」小熊 亮平(グルメ和光)が1位(金賞)を受賞し、日本代表に選出されました。
競技と表彰式の模様、上位入賞者の作品とコメント、全出場者の作品を紹介します。

◆特集◆第16回クープ・デュ・モンド国内選考会
◎洋菓子の型と形
 元日本代表選手に聞く、お菓子の形
  中山 和大(オクシタニアル)
  植﨑 義明(ラ・リヴィエ・ドゥ・サーブル)
◎自分で作る型、工夫する型
 中野 賢太(ダロワイヨジャポン)
 秋城 俊徳(帝国ホテル 東京)
 既存の型を自由に使用した事例より
◎お菓子を魅せるおすすめの型~型メーカーより
◎〈column〉色の持つ意味と心理的効果
  うえたさより

 ■連載・スポット
◎ヴァンドゥーズ講座
 岩田知子(全日本ヴァンドゥーズ協会副会長/パティシエ・イナムラショウゾウ)
◎PCG経営情報
◎話題の店 プティ サパン
◎製菓技術ゼミナール 遠藤 淳史(タント・マリー)
◎私のスペシャリテ 下高光弘(トイ トイ トイ)
◎ステファン・クライン アメ細工製法のポイント
◎TOPIC 德永 純司(ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ)
◎インフォメーション          
 ※予定につき上記の内容が変更になる場合もあります
■問合せ:協同組合 全日本洋菓子工業会 
TEL.代表03-3432-3871 担当:鳥生
URL:http://www.pcg.or.jp
プロダクトNo 1281683739
出版社 全日本洋菓子工業会
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。