日本ネット経済新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

日本ネット経済新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日本ネット経済新聞雑誌の詳細です。


日本ネット経済新聞の公式サイトへ
本・雑誌 日本ネット経済新聞
本・雑誌内容 2011年6月に週刊日流eコマースがネットビジネスの専門誌「日本ネット経済新聞」に生まれ変わりました。ネット通販などEコマースに特化した情報を毎週掲載います。国内外のネットビジネスの最新事例をすぐに知れるのは週刊誌だからこそ。通販サイト運営者の対談などもあり実業に役立つネット業界記事が充実しています。拡大するネットビジネスのマーケットで仕事をする業界人にぜひ読んでいただきたい業界雑誌です。
本・雑誌内容詳細 2018年6月21日号の主な内容

生協の18年3月期/アプリ、ネット活用で堅調

 全国の地域生協が加盟する日本生活協同組合連合会(以下、日生協、本部東京都)の無店舗事業の売り上げが堅調に水位している。18年3月期における宅配事業の売上高は同2.5%増の471億円、EC売上高は同6.1%増の44億円6900万円だった。日生協は19年3月期の経営方針としてIT化の推進を盛り込み、ウェブからの新規組合員加入を促進していく。地域生協では週1回の定期配送だけでなく、産地や工場から直送する仕組みやスマホによる配送日指定を取り入れて利便性を向上。アマゾンフレッシュやオイシックスドット大地などのEC専業、イオンなどが手掛けるネットスーパーに対抗する。


■ECニュース
・Hamee18年4月期 コマース売上81億円
・アマゾンジャパン 製品安全管理の協定締結
・楽天 米・ベンチャーを買収
・西松屋チェーン PB商品3200品目へ
・PAMインターナショナル ECセレクト店開設
・リアルファイン オーガニックアイテムおもちゃ箱ECで販売
・ルクサ18年3月期  売上高62%像の218億円
・アイスタイル 韓国市場へ参入
・キャンディー AKBで集客強化
・西友 公式アプリを開設限定クーポン提供
・オイシックスドット大地 炊き込みご飯を発売
・【EC注目株!】第110回 資生堂
・大阪北部地震 土日注文の発送遅れ多数
・万田発酵 化粧品通販に本格参入
・《楽天市場 夏の消費トレンド2018》SNS、働き方改革が影響
・ダイバーシティ 中古ゴルフウエアのEC開始
・ジャヴァコーポ コメ兵と業務提携 買取サービス開始

■ニュースフラッシュ
セレンディップ、三陽商会、徳造丸、出屋製菓産業、GNH、ピクセラ、Fablic、GMOペパボ

■ノウハウ
・【踊らされない! 戦略的自社ECのTEC活用術】第4回 全ジャンルでLINE経由売上は10%
・【速報米国EC視察 IRCE参加レポート】後編 オムニは消え「DtoC」が主流に 

■ネットショップ
・【受賞店に聞く】<日本ネット経済新聞賞>キャスティングオンラインストア/EC購入を実店舗で決済
・【”集客”成功のメソッド】小田急百貨店 店舗イベントでEC会員獲得/1週間で200人入会も
・【ニューフェイスー本紙初登場ー】メイコー化粧品/美容家と健康食品開発
・【成長ショップ物語】アイム 広告媒体最適化で新規顧客を早期獲得
・【勝手にECサイト分析】171 「商品撮影ブーズ.com」/購入者に撮影技術指導を永久無料
・【こだわりの逸品を全国展開 特産品EC】第214回 〈寒天・あん蜜材料専門ECサイト「赤坂 相模屋」〉

■物流
・《倉庫探訪》ジーエフ
・イー・ロジット 総面積の7割埋まる
・オープンロジ ヤフーとAPI連携

■法律・行政関連
・消費者庁「消費者白書」を発表 「CtoC取引」など問題視
・EC事業者協議会 盗品対策で意見交換
・JECCICA 米・EC展示会レポート
・JARO 苦情件数は26%増

■システム・支援
・ヤマトグループ ID決済を開始
・ロジザードが上場 7月、東証マザーズ市場へ
・オミセジャパン コンビニ決済に対応
・ベルシステム24 「仕事と家庭の両立支援企業」に
・Pear サイトを無料で診断
・ガイアックス アパレルECがシステム導入
・廣洋社 創業72年記念でツール無料提供
・トランスコスモス 多摩センターで220席を増設

■インタビュー
パワープランニング「腕時計本舗」 塩野和常 社長
プロダクトNo 1281682026
出版社 日本流通産業新聞社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。