パリティ 定期購読・最新号・バックナンバー

パリティの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

パリティ雑誌の詳細です。


パリティの公式サイトへ
本・雑誌 パリティ
本・雑誌内容 独占提携の米国物理学協会誌”Physics Today”からの翻訳と, 第一線の研究者によるオリジナルの書き下ろし記事で,物理学の いまをわかりやすく伝えます。最先端を読み解くニュース記事, 授業とは一味違う連載講座や辛口エッセイなど,読みどころ満載 の『物理科学雑誌』です。
本・雑誌内容詳細 パリティ2018年07月号
Vol.33 No.07


<今月のパリティ>
○顕微鏡の進化がもたらすもの
レンズフリーの撮像デバイスは,費用対効果が高く,コンパクトで,広い範囲を撮ることができるため,野外調査やいろいろな国での保健医療での活躍が期待されています。機能に重大な制約を与えるレンズから解放された顕微鏡の物理と未来に迫ります。

○太陽物理学のいま
太陽コロナの温度は光球の約200倍です。光球に接しているのに,なぜこれほど高温なのでしょう。一方,コロナのなかのプロミネンスはコロナに比べて低温です。これはなぜでしょう。解決の道筋がみえ始めたこの未解決問題に対する研究の進展を紹介します。

○知覚をどこまで再現できるのか
耳に入力された音の信号は内耳毛細胞によって電気信号に変換され脳に伝わり,ヒトは音を認識します。人工内耳とは,この信号の変換を人工的に行う電子機器です。人工内耳を物理学の観点から考え,失われた感覚を復活させる医療機器を考えます。

○発展する分子の物理
孤立した環境にある分子でも,オルト-パラ状態間の光学遷移が可能であることが初めて実証されました。物理的に存在しないと考えられていたこの遷移はどのように実現されたのでしょう。その発現のメカニズムを理論と実験の双方から探究します。


【articles】
レンズのない顕微鏡  E. マクラウド,A. オズカン 西野吉則 訳
どうして太陽コロナは熱いのか? どうしてプロミネンスは冷たいのか?  J. B. ズィカー,O. エンボル 松本琢磨 訳
人工内耳と電気聴覚 M. スヴィルスキー 古川茂人 訳


【news】
船舶が引き起こす嵐の海 S. チャン 戸野倉賢一 訳


ニュースダイジェスト R. M. ウィルソン,R. J. フィッツジェラルド ほか
サンゴ礁の音風景はすみやすさの尺度 / 粒状の音響ダイオード / 細胞のありのままをとらえた動画 / 電子と原子核の結合をアト秒のスケールでみる
 ほか

クローズアップ:
 「京」で見つけたペロブスカイト太陽電池新素材候補 中嶋隆人
 分子のオルト-パラ対称性破れの検出 金森英人
 生後3か月の幼児にもできる音程認識 B. K. ラウ,M. ング 小野嘉之 訳


連載:地震のメカニズム解明―本当に地震予知はナンセンス?
   地震科学の限界と大震法の終焉 橋本 学


講座:電磁気現象にみる古典と量子の交叉点
   第4回 場の実在性と2人の奇人  筒井 泉

コラム:私はこうして物理を選んでしまった
    視野に入ったものを追いかけて 沙川貴大

コラム:パリティのココロ
    奇妙な統計,「論文掲載率」とは何か? 大槻義彦


【information corner】
フォーラム
8月号予告
執筆者・翻訳者紹介

今月の切手 小沼通二
今月のキーワード
ナイキスト-シャノンの標本化定理 / ウェーブレット変換 / リコネクション / マグネトグラフ / キラリティー / ペロブスカイト型の結晶構造
プロダクトNo 1281681825
出版社 丸善出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。