週刊循環経済新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

週刊循環経済新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

週刊循環経済新聞雑誌の詳細です。


週刊循環経済新聞の公式サイトへ
本・雑誌 週刊循環経済新聞
本・雑誌内容 21世紀の循環型経済・社会の構築に向けて、廃棄物のリデュース・リユース・リサイクル・適正処理について、マーケット・技術・流通・拠点施設の視点を掘り下げ、大気・水質・土壌汚染など関連する環境分野にも深く踏み込んでいます。
本・雑誌内容詳細 ◇災害廃処理体制を盛り込み
第4次循環基本計画が閣議決定/SDGsや欧州政策も考慮
素材別の“横串”的取組へ
 循環型社会形成推進基本法に基づく「第4次循環型社会形成推進基本計画」が6月19日に閣議決定された。2000年に施行された同法で5年ごとに見直されるとされたもの。今回は国連のSDGsを反映させるとともに、EUの循環経済政策など世界的な「循環の盛り上がり」を受けた内容になっている。国の取り組みとして掲げた七つの構成要素に、初めて「災害廃棄物処理体制の構築」が盛り込まれた。
◇適正な需給バランス確立へ
外国人技能実習制度対策でWG/ISO対応、海外調査も注力
- 日本RPF工業会 -
 (一社)日本RPF工業会(事務局・東京)は、現在RPFの約70%を利用している製紙業界以外にもあらゆる角度から用途開拓を進め、適正な需給バランスを確立する取り組みを強化する。6月14日に東京都内で開かれた第6回定時社員総会で再選された長田和志会長は、「でき得る限り用途開拓やコスト削減を行う。RPF業界は(産業標準分類の)『その他製造業』とされているが、『その他サービス業』である産業廃棄物処理業としての役割もある。必ずしも高い品質ではない廃プラスチックなどについても業界として対処の方策を講じて、『適正処理』の側面での取り組みに重点を置くことが求められている」と述べた。
◇染色の余剰汚泥で製品
水質浄化立証実験にも着手/壁面、内装、土壌改良材に応用
- 小松精練 -
 染色大手の小松精練(本社・石川県能美市、中山賢一会長)は、染色排水処理工程で発生する余剰バイオマスケイク(余剰汚泥)を用いた微多孔性発泡セラミックス「greenbiz(グリーンビズ)」の事業展開を拡大する。従来の壁面緑化材や内装材、路面材、農地などの土壌改良材の他、水質浄化材として実証試験を行っている。中山会長は「“衣”の事業をベースに環境保全を実業として成立させ、“食”“住”までを一貫して手掛ける企業になる」と述べている。
◇優良業者制度に望むのは?
業界自主基準の議論白熱/設立総会後に研修会
- 全国食品リサイクル連合会 -
 本紙既報の通り、食品リサイクル法の登録再生利用事業者で構成する「一般社団法人全国食品リサイクル連合会」が、12日発足した。設立総会後に開かれた研修会では、正会員に取得を義務付ける業界自主基準・優良業者評価制度の認定について、パネルディスカッションで、同評価制度の優良認定取得業者と審査人、環境・農水の両省担当官を交えた熱心な議論が交わされた。
◇廃瓦を景観舗装材に、約27万m2施工
新製品の発表や技術交流
- K‐グランド会-
 エコシステム(石川県能美市、髙田実社長)は6月7日、能美市内のたがわ龍泉閣で第6回「K‐グランド会」通常総会を開催した。同社が開発した瓦骨材利用舗装「K‐グランド」などの廃瓦リサイクルシステムを導入したグループ加盟企業(計19社)が集まり、昨年度の事業報告や今年度の事業計画・予算案の承認などが行われた。総会後の技術交流会では、セメント固化系の瓦舗装材等を現場で製造できる、新製品の車載式生コンクリートプラント「GAIAX(ガイアックス)」の発表があり、同製品を用いた施工事例等が紹介された。
◇ビジネスマナー等を学ぶ
新入社員研修会を開催
- 東京都環境局/東京都環境公社 -
 東京都環境局と(公財)東京都環境公社は6月12日、東京都内で「2018年度産業廃棄物処理業新入社員向けスタートアップ研修会」(後援・(一社)東京都産業廃棄物協会)を実施した。都の産廃処理業許可を取得している事業者の新入社員(17年6月~18年6月までに入社)が約130人集まり、廃棄物処理法やビジネスマナーなどについて研修を受けた。
◇関係者に感謝の言葉
創立50周年記念式典
- 緑産 -
 緑産(相模原市、小菅勝治社長)は5月25日、相模原市の本社敷地内の特設会場で創立50周年記念式典「感謝の会」を開催した。小菅勝治社長は同社の歩みを振り返るとともに、関係者に感謝の言葉を述べた。式典にはユーザー、ディーラー、関係取引先など国の内外から180人が出席した。
プロダクトNo 1281680586
出版社 日報ビジネス
発売日 毎週月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。