Angling Fan(アングリングファン) 定期購読・最新号・バックナンバー

Angling Fan(アングリングファン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Angling Fan(アングリングファン)雑誌の詳細です。


Angling Fan(アングリングファン)の公式サイトへ
本・雑誌 Angling Fan(アングリングファン)
本・雑誌内容 エリアフィッシングの基本から最先端のテクニック、最新アイテム、季節やフィールドごとの攻略法など“旬”の情報をいち早く紹介。最新ルアー・タックルの徹底ガイドやエキスパートによる全国の釣り場での実釣取材によるテクニックの解説に定評があります。初心者から上級者まで、読んだその日から上達が実感できる“読めば差が付く”エリアフィッシングマガジンです。
本・雑誌内容詳細 ■巻頭特集
エリアの定番に、新風を吹き込む
革新的アイデア力
爆釣を呼び込む
戦略的エリアゲーム!
マグナム高田
森田純也
亀山和彦

スピニングリールが主体のエリアゲームにマイクロガイドの概念を初めて導入し、肉厚小粒系というスプーンジャンルを確立。さらに、ABS製バイブレーションプラグのエリアでの有効性を証明。エリアゲームが進化を遂げるとき、常にそこにはディスプラウトというメーカーがあった。

■特集 
Anglingfanチャンピオンシップ
2018‐2019エリア王座決定戦
MASU-1GP(ます-ワングランプリ) Season2
第1回 予選大会@足柄キャスティングエリア
菊地栄一(KIKUCHI EIICHI)
福田和範(FUKUDA KAZUNORI)
池谷哲哉(KEYA TETSUYA )
西山裕之(NISHIYAMA HIROYUKI)

ますワンGPシーズン2、いよいよ開幕! ますワン史上最強の乱打戦!

■企画
遂に情報公開!!
999.9PROJECT

アングラーズアイドル登場!
難しいと思われがちなエリアフィッシングも、
これを読めば大丈夫!
初心者でも爆釣!
簡単エリア攻略法!

なぶら家ルアーコレクション

メジャークラフトの人気シリーズが完全リニューアル
注目ロッドを先取りせよ!!

強靭なパワーをまとったニューロッドがデビュー
ボロンを武装して覚醒せよ!

■特別付録DVD
杉山代悟流 エリアトラウトSpirit
表層ゲームをレベルアップせよ!
目からウロコの表層ゲームテクニック
トップトーナメンターが真髄を語る

■人気連載
HAJIME MURATA PRESENTS
AREA FISHING TREASURE TOUR 4th Stage 66
70~80 ㎝クラスの巨大魚が連発した!
フィッシングランド鹿島槍ガーデン

イメージしたパターンと実際の釣れたパターンを解析する!
シミュレーション&アンサー ヴァルケイン荒川通
連載 第4回 今回のテーマ
これからの時期に活躍する
マイクロスプーン&
HFプラグで爆釣パターンを探る!!

エキスパート直伝! 
松本幸雄
×
ストリームエリア

UCHIDA
MAKOTO
エリアフィッシング
VISION
内田誠
表層魂

Area Trout Spirit
杉山代悟
エリアトラウト スピリット
表層ゲームを
レベルアップ!

ノリーズ井上太一の
もっと尖って行こう! SeasonⅢ
レギュラーサイズと大物
パターンにどうハメる?

脱ビギナー!
エリア戦力UP委員会
山村昌輝
パターンの予測こそがエリアゲームの醍醐味!
推理の連鎖力

TWO TACTICS
2人のエキスパートが組み立てるふたつの戦略
急変する天候に臨機応変に対応する戦略
池谷哲也&岸 桜花

Neiちゃんプレゼンツ
エリカレ
しっかり覚えてレベルアップ!
エリカレ卒業試験

プロフェッサー永井の楽しい実験
「当たり」のルアーは存在するのか!?

それいけ! マックス
エリア行脚
第10エリア (最終回) 
沼田フィッシングプラザ

水面楽釣
SUIMEN-RAKUCHOU
3 rd SEASON
フーテンのトマ次郎が行く!
[第2話]
五月の誤解。
顔のしずくは涙か水飛沫か!?
~足柄キャスティングエリア編~
プロダクトNo 1281680380
出版社 コスミック出版
発売日 毎奇月21日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。