Vinotheque(ヴィノテーク) 定期購読・最新号・バックナンバー

Vinotheque(ヴィノテーク)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Vinotheque(ヴィノテーク)雑誌の詳細です。


Vinotheque(ヴィノテーク)の公式サイトへ
本・雑誌 Vinotheque(ヴィノテーク)
本・雑誌内容 月刊『ヴィノテーク』は、1980年4月号を創刊に生まれた、おもにワインを専門とする情報誌です。世界のワイン産地からの現地取材レポートを中心に、毎月最新のワイン情報を掲載、ワイン産地で、今、何が起きているか『ヴィノテーク』を読めばわかります。『ヴィノテーク』とは、“ワインとワインのぎっしり詰まった箱” (Vino:葡萄酒+theque:箱・戸棚)を意味します。ワインの情報をぎっしり詰め込んで、毎月あなたのお手元にお届けいたします。世界のワイン産地を取材した迫力の最新レポートで構成する特集記事を中心に、『ヴィノテーク』発行人のソムリエ田崎真也が世界のワインをブラインドで試飲し、高得点ワインを試飲コメントとともに紹介する「ワイン・バイイング・ガイド田崎真也セレクション」、ワインを愛しよく飲む、まさに愛好家によるエッセー、ワインやSakeが飲みたくなる本の紹介、来日するワイン関係者へのインタヴューによる栽培から醸造、マーケットにいたるまでの最新ニュース、トピックスなどを満載しています。月刊『ヴィノテーク』は、ワインと愛好家からその道のプロフェッショナルまで、ワイン販売の現場で役に立つ情報誌です。
本・雑誌内容詳細 2018.6 463
5-50 ブルゴーニュワインに新天地を発見●堀晶代
5-7 ブルゴーニュワイン 今こそ味わいたい価値あるアペラシオンの発見
8-12 ”今こそ、探してでも飲むべき
著名アペラシオンの陰に隠れてきたブルゴーニュの実力派アペラシオンを探る

13-17 ”ブルゴーニュの中心 プルミエ・クリュが連なるコート・シャロネーズ
ーー地域の特徴とアペラシオンの概要”
18-35 ”コート・シャロネーズを盛り立てる 実力派ヴィニュロンを訪ねて
ーーパスカル・クレマン/レセット/フェヴレ ラ・フランボワジエール/ロレンゾン/ヴァンサン・ランプ/ジョブロ”
36・37 ”ワインを詠む番外編「コート・ドール 掘り出し物を探すコツ」●山本昭彦

38・39 ”若くても楽しめるワインを造る 長熟ワインの名手の変化
ジャン・タルディ・エ・フィスとベルナール・デュガ・ピに聞く”
40-48 ”ブルゴーニュワインあ・ら・か・る・と
ーーデュガ家の若き13代目当主/名門5ドメーヌ ヴィニュロンヌたちの競演/さらなる発展を目指すレシュノー/マダム・ラルー・ビーズ・ルロワの世界/大橋健一 MW によるアルベール・ビショー・マスタークラス/気鋭の醸造家ルードヴィック・ベラン/進化を続けるシャンソン/ジョゼフ・ドルーアン シャブリ取得50年の軌跡と新チャレンジ”
49・50 田崎真也が唎くブルゴーニュワイン19種
2・3 ”日常の中の少しだけ贅沢なひととき
ワンランク上のチリワイン フロンテラ プレミアム”
52-54 ”ナチュラルワインの世界観⑤
進化するオーストリアワイン アルヴィン・ユルチッチとマーティン・アンドルファー●北嶋裕”
51 古酒礼賛+巡礼〈98〉「La Tâche 1954 コルク落ち」●秋津壽翁
62 葉山考太郎のワイン漫筆〈193〉「バレエとワインの距離」
4 今月の一枚 by Setsuko YOSHIDA
55-57 ”クローズアップワインNOW!! 
ーーマウント・ブレイヴとアーカナム日本にお目見え/レデン 東京 バイ ペリエ ジュエ/セーニャ 100ポイント祝賀イヴェント&エドゥアルド・チャドウィックに聞く/ワイン&グルメジャパン2018 開催/グランポレール 北海道に新しい畑を取得”
58-61 ”Sakeヴィノテーク
酒ことのは帖⑤「香りの表現」●庄野純子”
63 編集後記「ワインと食とSakeのある風景」
64 ワイン&Sake会カレンダー
プロダクトNo 1281679847
出版社 ヴィノテーク
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。