月刊マテリアルフロー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊マテリアルフローの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊マテリアルフロー雑誌の詳細です。


月刊マテリアルフローの公式サイトへ
本・雑誌 月刊マテリアルフロー
本・雑誌内容 月刊マテリアルフローは、仮想空間上の情報の流れの結論である、リアルののフェーズからロジスティクス技術[LT]を具体化し、サプライチェーンの全体をトータルにフォロー。現場・人間という足場の上で、情報技術[IT]を使いこなし、時間の価値を追求して改善・改革を推進するためのヒントを、毎号送り続けています。2006年4月号より全面リニューアル!!
本・雑誌内容詳細 特集//次世代メディカル・ロジスティクス
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
今わが国の医薬品業界は,少子高齢化など人口動態,総医療費抑制政策の影響などで,大きな経営環境変化に直面している。加えて,間もなく発出予定の日本版GDPガイドライン(詳細は本文を参照)の登場により,物流過程にも国際基準による厳しい温度・品質管理が求められることになる。製造・流通・物流の医薬品サプライチェーン・ロジスティクスには,次世代に向けた革新が求められているのだ。今回は製配販・物流の各分野から,これらの課題解決に挑む注目すべき企業チャレンジをレポートすることにした。ぜひその声に耳を傾けてほしい。(編集部)
…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

[ リブドゥコーポレーション ]
物流システムをクラウド型に一新,介護ロジのプラットフォーム目指す
●SCMロジスティクス本部の取り組みと工場の物流現場から

[ メディパルグループ/SPLine ]
医薬品の超低温+全温度管理物流サービス強化,GDPにも対応
●-196℃対応の搬送・保管と情報連携システム

[ DPネットワーク ]
日本版GDPガイドラインが発出へ,物流会社に問われる役割は何か
――三菱倉庫グループとして支援サービス提供へ――
●DPネットワーク・取締役社長(三菱倉庫・倉庫事業部長)西川浩司氏

[ ウエルシアホールディングス ]
物流センター網とTC/DC機能拡充,ロボット活用も視野に
●医薬から食品・日雑まで,ドラッグストアの物流課題に挑む

[ 旬のマテリアルフロー(160) ]
(AI+IoT+ロボット)×シェアリング=Intelligent Logistics Center PROTO
●大和ハウス工業㈱/㈱ダイワロジテック

[ Close Up|丸紅ロジスティクス]
アシックス向け新拠点に音声・カートピックの先進システムを導入
●神戸物流センター現場レポート

[ サプライチェーンプロフェッショナルズ(12) ]
スマホ活用の「SCMゲーム」で大学教育に成果,社会人教育にも応用へシンプル構成で情報共有の重要性を体感
●学習院大学・河合亜矢子教授×㈱フレームワークス 特別技術顧問 高井英造氏

[ MFレポート(1) |マルク運輸]
自動車部品ボックス洗浄の付加価値サービスを省力機器で効率化
●クレオ「パーツボックス洗浄乾燥装置」導入事例

[ MFレポート(2) |ベーヴェシステックジャパン]
独自メカのソーターで日本市場に切り込む欧州メーリング機器の巨人

[ MFスポットライト|アバンサール/金羊社/緑屋情報システム]
デジタル印刷技術とQRコード融合で新時代の情報連携ソリューション
●3社の強みを活かしたコラボレーションの結晶

--------------------------------------------------------------------
◎連載企画

[ 今だから語れる浅草演芸史 ]11
〈萩本欽一②〉東八郎に心酔した弟子時代,そして、「コント55号」結成!
●浅草演芸ホール・東洋館 会長/松倉久幸

[システムの眼Ⅱ]23
チームワーク
●早稲田大学 名誉教授/髙橋輝男

[5分で読める教養講座 45 《おススメ書籍》ひとくちガイド ]
経理部は見ている~人事部より、実は怖いかも/父と私~名宰相の“羅針盤”であった娘が綴る等身大の田中角榮/定年ゴジラ~父の伝えた幸せのかたちとは
●小泉事務所 代表/小泉 豊
プロダクトNo 1281679808
出版社 流通研究社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。