ナショナル ジオグラフィック日本版 定期購読・最新号・バックナンバー

ナショナル ジオグラフィック日本版の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

ナショナル ジオグラフィック日本版雑誌の詳細です。


ナショナル ジオグラフィック日本版の公式サイトへ
本・雑誌 ナショナル ジオグラフィック日本版
本・雑誌内容 世界最大規模の会員制・非営利団体ナショナル ジオグラフィック協会は、1888年の創設以来、世界中で約8,000件以上の探検や調査プロジェクトを支援し、古代遺跡の発見や大自然の脅威と神秘、未知の世界に挑んだ冒険や探検など、数々の歴史的なプロジェクトを誌面で紹介してきました。会員誌として1世紀以上、米国の家庭で読み継がれ、地球が丸いことを証明した写真、海中撮影や空中撮影の写真を最初に掲載した雑誌として高く評価され、今では世界180カ国、850万人以上の読者を擁する世界最大級のクオリティマガジンと位置付けられています。「ナショナル ジオグラフィック日本版」は、1995年に世界初の外国語版として創刊しました。地球とそこに生きるすべての生き物の営みを、世界の一流写真家が撮りおろす美しく迫力に富んだオリジナル写真と、正確で臨場感あふれる記事で紹介しています。日本版は英語版の面白さと美しさを正確にわかりやすく日本語化すると同時に、日本の読者向けに独自の解説やコラムを加え、オールカラーで英語版と同月発行でお届けしています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
シリーズ 鳥たちの地球
●楽園を失う海鳥:
世界的に生息数が激減している海鳥。だが、めったに見ることがない鳥たちの保護は、簡単なことではない。

●人間の身体能力:
最新のトレーニング法や科学技術の恩恵を受けて記録を更新するアスリート。身体能力はどこまで伸びる?

●米国を変えるラティーノ:
米国で熱を帯びている不法移民に関する議論。その中心となっているのが、中南米から米国に移り住む「ラティーノ」と呼ばれる人たちだ。20世紀後半から、農業労働力としてやって来て、しだいに根を下ろした。文化的ルーツを大切にしながら、勢力を増すラティーノが米国社会を変えつつある。

●メキシコの肉食コウモリ:
マヤの寺院跡をねぐらにする肉食のコウモリ。鋭い歯と爪で、ネズミや小型の鳥などに襲いかかっていく。

●カシミール 憎しみの連鎖:
インドとパキスタンの間で領有権をめぐる争いが続くカシミール。警察隊の発砲で、少年の視力が奪われた。


【コラム】
●PROOF 世界を見る
 「ロシア きらめく大自然」:深刻な環境問題をいくつも経験してきたロシアだが、3500万ヘクタール近い自然を原生のまま守ってきた歴史もある。1世紀ほど前から続く自然保護の鉄則は、人間を締め出すことだ。ロシアの雄大な自然を訪ねてみよう。
●EMBARK 未知への一歩
 「鳥は地震を予知できる?」
 「溶けないアイス」
 「石器時代の武器の威力」
 「目の中のレンズを撮影」
●EXPLORE 探求するココロ
 「炭鉱でクリーンに発電」
 「いざ! 砂漠を横断」
 「地球儀を作る道具たち」:世界で唯一のオーダーメイド地球儀を制作する英国の会社。職人たちの細やかな作業を支えるのは、特注で作られた道具たちだ。
 「シャーク・レディーの奮闘」
●日本だけの翼:「アカコッコ」
●読者の声
●もっと、ナショジオ
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年 「プラントハンターが見た100年前の父島」


●今月の表紙:海に面する断崖に営巣するニシツノメドリ。1年の大半を大海原で過ごすニシツノメドリなどの海鳥は、大規模な漁業や人間が導入した外来種などの影響を受け、数を減らしている。
プロダクトNo 1281679756
出版社 日経ナショナル ジオグラフィック社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。