日経コンピュータ 定期購読・最新号・バックナンバー

日経コンピュータの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経コンピュータ雑誌の詳細です。


日経コンピュータの公式サイトへ
本・雑誌 日経コンピュータ
本・雑誌内容 企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する6万人のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年6月7日号 no.966 6月7日発行


■特集1 あのシステム子会社は今

●あのシステム子会社は今(026p)
●引き裂かれた親子 否応なく独立した3社(028p)
●MS、アマゾンに挑む 3社の気概と腕前(032p)
●給与、親の6割も 200社の業績総覧(036p)


■特集2 パナソニック 101年目の挑戦

●パナソニック 101年目の挑戦(042p)
●家電も住宅も車も変わる 技術者こそクロスバリューをパナソニック 社長 津賀 一宏 氏(050p)


■緊急特集 元号対応だけではない 暦と税のIT三重苦

●元号対応だけではない 暦と税のIT三重苦(006p)


■ニュース&リポート

●欧州GDPRの適用始まる 目立つ対応遅れ、詐欺行為も(010p)
●民泊解禁、早くも温度差 熱いコンビニ、冷めるホスト(011p)
●富士通、NEC、日立がRPA拡大 AIやARと連携、工場向けも(012p)
●ダイキン、IoT基盤にAWS採用 世界の空調機データを収集(013p)
●三菱電機とファナックが火花 工場IoT、主導権争いの行方(014p)
●富士通がシェアリング市場に的 脱SIに向け、新サービス投入(016p)
●JALがIT Japan Award受賞 経営主導の基幹系刷新を評価(018p)


■乱反射

●時価総額世界一を競う アマゾンはアップルを抜けるか(019p)


■2weeks from 日経XTECH 5月15日(火)~28日(月)

●フェイスブックがアプリ調査の中間報告、疑惑の200アプリを停止(020p)


■データは語る

●国内消費者向けECは16.5兆円 17年市場、フリマアプリが6割増(022p)


■CIOが挑む

●サイバーエージェント 全社システム本部 最高技術責任者 佐藤 真人 氏IT部門は社内の遊軍 事業部門の要請に即応(024p)


■フォーカス

●夢のコンピュータ 日本勢が反撃の狼煙(058p)


■ケーススタディ

●ライオン 化学物質の管理システム導入 食品向け応用、法対応を迅速に(062p)


■ニッポンIT事件史 1999年―平成11年―

● 「Y2K」 の緊張走る ITが社会インフラに(066p)


■動かないコンピュータ

●九州商船 不正アクセスでWeb予約が2カ月停止 仮想通貨の採掘ソフトを仕込まれる(070p)


■極言正論

●本間NTTデータの船出は順風か 国内外で問われるデジタルの力(073p)


■キーワード

●GAN(Generative Adversarial Network) (074p)


■AIで劇変! 2030年のオフィスと組織

●AIは労働力不足解消の切り札 業務や組織の再考を迫られる(078p)


■現場を元気にする組織変革術

●意思決定の遅さを変革 新事業を次々生み出すコツ(082p)


■職場活性化の切り札 ビジネスチャット活用術

●セキュリティもメールに勝る 目的に応じて防御策を考える(086p)


■ネットワークトラブル プロに学ぶ対応術

●ニーズが増えるアクセス制御 実現方法ごとの課題を押さえる(090p)


■AI ・ IoT時代のネットワーク技術

●5G、2019年に先行スタート 同時多数接続でIoTが広がる(094p)


■ザンネン社員が学ぶ デジタルビジネス創成術

● 「コストの工夫が弱い」 と不満な次長 デジタル改革で収益力を高める(098p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●データモデルを描こう ITは知らなくてもよい(102p)


■読者の声

●ITアウトソーシング(112p)


■編集後記

●(114p)
プロダクトNo 1281679714
出版社 日経BP社
発売日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。