検査技術 定期購読・最新号・バックナンバー

検査技術の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

検査技術雑誌の詳細です。


検査技術の公式サイトへ
本・雑誌 検査技術
本・雑誌内容 我が国では特定の検査分野において専門的に情報を提供するシステムは存在するものの、破壊検査と非破壊検査を包含する検査の全分野にわたって情報を提供するシステムはなく、とくに検査の第一線で活躍する技術者は、検査の実務で利用できる情報を渇望しているのが現状です。 本誌「検査技術」は、装置、設備、構造物を中心とした第一線で活躍する検査技術者に実務に役立つ情報提供をめざし、検査から試験、評価、寿命予測までを扱い、その基礎知識、ハイテク技術、現場での技術課題、各種先端機器や関連規格の紹介等、幅広い内容を編集し、これからの検査技術の普及と発展をめざす技術誌です。
本・雑誌内容詳細 ■解説
○点焦点型電磁超音波センサでのステンレス鋼材のスリット検出性/発電設備技術検査協会/芦田一弘
電磁超音波センサは多くの研究が行われているが、現場での探傷においては限定的な適用である。そこでステンレス鋼材に対するスリットの検出性を、新規に開発した電磁超音波センサで確認した。この内容を紹介する。

○センサ付き RFIDを用いた構造物診断技術/太平洋セメント/井坂幸俊・江里口玲
無線でコンクリート構造物内部に生じるひずみと温度を非破壊で計測できるRFIDひずみ計測システムについて、製品仕様、機能、特徴に加えて実構造物に適用した事例を紹介する。

○磁石式鋼橋点検装置の開発/首都高技術/布施光弘・森 清
近接目視が困難である橋梁を点検するために、磁石によって鋼部材に吸着しながら走行及び撮影を行い、得られた画像より損傷を確認することができる磁石式鋼橋点検装置を開発した事例を紹介する。

○回転式打音検査装置による空隙検知技術/蔦井/辻本宗夫
本稿では、回転式打音検査装置、検査・解析方法の概要、装置を活用した橋梁床版、空港舗装における検査を通して確認された精度検証の結果を紹介する。

■技術トピックス:建築・土木
○響きを考慮した劣駆動型打音装置の開発と性能評価/東急建設/高橋悠輔/小川優機製作所/佐藤友哉・小川安一
コンクリート打音検査の自動化を目指し、人に近い音を発生可能な装置の開発に取り組んでいる。本稿では、点検員の腕の動きを再現した機構を搭載した新たな打音装置を開発し、その音が人に近づいたことを確認したので紹介する。  

■シリーズ
○検査に貢献するロボット技術
API 510に準拠した目視検査/GEセンシング&インスペクション・テクノロジーズ/松井 暁
人間がアクセスしにくい場所を自走して検査し、広範囲のデータを採取、複数のセンサの搭載が可能で、効率的な配管内の腐食マッピングや自動溶接部検査が可能な、GEが誇る最新鋭の超音波探傷ロボットを紹介する。

■連載
○音波のよもやま話25
音波の音速と減衰(1) ポアソン比とBED/アイ・エス・エル/宇田川義夫/東北大学/三原 毅
超音波の音速と減衰に関して述べる。減衰の主原因は音速の分散であるが、その説明に入る前に力学と音の関係について述べる。まずはポアソン比とBEDについて。

■特集:非接触検査技術
○鉄道構造物診断用の非接触振動測定システム/鉄道総合技術研究所/上半文昭
鉄道分野で橋りょう等構造物の健全度診断に用いられている、レーザードップラー振動計を応用した遠隔非接触振動測定システム「Uドップラー」の測定原理を説明し、最近の開発状況および実橋梁の測定事例を紹介する。

○フランジ面歪測定技術と継手管理システムの紹介/山九/中嶋雅也
化学プラントにおけるフランジ部からの漏洩原因、検査方法、対策処置の概要について、フランジ面歪測定技術を切り口に紹介する。

○3Dレーザースキャナ技術のメンテナンス現場適用/日本工業検査/今井勇二
最近導入した光三次元技術を利用した3Dレーザースキャナの測定方法について解説し、その現場適用事例を紹介する。

○現場使用に優れたハンドヘルド型3Dスキャナーについて/富士テクニカルリサーチ/ 柴田 優
工場やプラントにおける3D化における問題点の解決策として、ハンドヘルド型3Dレーザースキャナー使用による活用事例を紹介する。

○耐候性鋼橋腐食の3次元計測と評点の自動化/セイコーウェーブ/新村 稔
耐候性鋼橋の腐食外観性性状(凸凹)を3次元計測し、そのデータを解析することで腐食レベル(評点1、2、3)を現場で迅速に自動判定することのできるシステムを紹介する。

○自動車業界における3次元測定とレーザースキャン技術/ファロージャパン/村中嘉代子・梅村勇太
FAROのポータブル3次元測定器は、自動車業界におけるさまざまな測定ニーズ、複雑な形状や大型部品、構造物なども簡単に測定・スキャンが可能。本稿では、シリンダーヘッド燃焼室の容積測定にて、スキャナーを使用した方法を紹介する。

○最新のレール検査/Nordinkraft AG社/Dr.Andrej Kirikov・Mr.Pavel Pashkov
EMAT(電磁超音波)プローブが得意とする表面波(レイリー波)の発信を応用し、従来の回転渦流探傷プローブでのレール表面欠陥検査を改善したので紹介する。

■製品ガイド
○「メンテナンス・レジリエンス TOKYO 2018」の見どころ
プロダクトNo 1281679697
出版社 日本工業出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
本の定期購読をしてみると新しい世界が開けてきます。毎月本屋に足を運ばなくてもいいし、買い忘れもなくなる。そして届く喜びが味わえます。会社、お店に雑誌を置いてお客様の満足度を高めるという やり方もありそういったところで定期購読がされていたりします。美容室においたりするのには持ってこいですね。
フジサンのサービスは長く続いているので安心です。老舗と言った感じでしょうか、しっかりしている会社での購入のほうが安心ですね。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。